PS4をインターネット接続したら速度が遅かった?そんな時にできる事

未分類

PlayStation4(以下PS4)は、インターネットに接続することで遊びの幅が広がりますよね。
遠くにいる友達や、見知らぬ相手と協力プレイをしたり対戦をしたり、ブラウザ機能もついていますからネットサーフィンだってできます。
YouTubeを見たりすることもできますね。

そんなPS4ですが、実際にインターネットに接続していて回線速度が遅いことに不満を感じている方も多いようです。
ネット対戦なんかは、ちょっと固まったり遅くなった隙にやられてしまいますから、回線速度はとっても重要ですよね。

そこで、PS4をインターネット接続して楽しむときに、ストレスなく楽しめる為の回線や環境についてまとめてみたいと思います。

有線か無線(Wi-Fi)か

wifiとlan

PS4をインターネットに接続する方法は、有線と無線の2種類があります。
有線接続の場合は、モデムやルーターからのLANケーブルを直接PS4にさします。
無線の場合はWiFi接続になります。
モデムの位置やPS4を使う部屋の場所、間取りなどによって変わると思います。

基本的には有線推奨

やはり回線が安定するのは有線接続です。
PS4のオフィシャルサイトでも有線LAN接続が推奨環境となっていました。
有線接続の場合は、WiFiのように電波が遮断されたり途切れるということがないからですね。
ですから、可能であればPS4にはLANケーブルを直接さしてプレイしましょう。

WiFiはルーターが重要

モデムの位置が遠くてどうしてもWiFi接続しかできない、という方もいらっしゃると思います。
PS4はWiFi接続でも十分楽しめますが、もしも速度が遅かったり、途中で途切れるということがある場合には、ルーターやルーターの位置に問題があるかもしれません。

WiFiルーターはどれも同じではなく、アイテムによって電波強度や最大速度に違いがあります。
もしも回線が遅いとか途切れる場合には、使っているルーターのスペックを確認してみましょう。
ルーターごとに最大速度が違うので、安いものをつかっていると、せっかくネット回線自体は速いのに、ルーターを通してPS4に届く電波が遅くなってしまっている可能性もあります。

また、WiFi電波は障害物に弱いです。
例えば一戸建てでルーターを一階に置いていて、二階の部屋でPS4をWiFi接続すると、きちんと電波を拾えないことがあります。
こういう場合には、より電波の強いWiFiルーターを使用する必要があります。

家電量販店などでWiFiルーターを見るとわかりますが、「二階まで届く」なんてことを書いているルーターがあると思います。
こうしたルーターは電波が強くなっていますので、床や壁という障害物があってもしっかり電波を拾うことができます。
見た目でいうと、ルーター本体の上にアンテナが3本とか立っているものですね。

あとはルーターの設置方法でも少し変わります。
間違ってもルーターを引き出しや箱の中などに入れて隠すことはしないでください。
障害となって電波が弱くなってしまいます。
また、できればルーターは高い位置におきましょう。
その方が電波が広がりやすくなります。

接続してる回線は?

PS4をインターネットに接続する為に利用している回線選びは重要です。
そもそも回線が遅いとそれ以外のところでどうすることもできませんからね。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビのネット回線は、フレッツや光コラボの光回線とはちょっと違うので、比較すると劣る傾向があります。
すべてのケーブルテレビがそうとは言い切れませんが、安定して高速接続をしたいのなら、ケーブルテレビではなく光回線の契約をした方がいいです。

ポケットWiFi

ポケットWiFiはどこへでも持ち運んで使えるWiFiとして非常に便利です。
スマホの回線よりも速度は出ますので、スマホのゲームの為だけにポケットWiFiを持っているという方もいるようです。
しかし、PS4を繋ぐとなるとやはり光回線には負けてしまいます。
建物や部屋によっては拾える電波も弱くなる場合があります。
あとは、端末や契約内容によって通信量に制限がありますので、遊んでいる途中で速度制限なんてことも。
速度制限をかけられてしまったらPS4を快適に利用するのはあきらめるしかありません。

テザリング

PS4をテザリングで接続している人っているのでしょうか?
さすがにこれはいないと思いますが、もしもやっているのなら遅くて当然です。
しかも通信量だっていくらあっても足りません。
悪いことは言いませんから、PS4をテザリングで利用するのはやめましょう。

ADSL

今はADSLよりも光回線の時代です。
PS4をADSLで快適に遊びたいというのは少々無理があるかもしれません。
料金を比較しても光回線とADSL回線はそれほど大きく差がないので、しっかり速度が出る光回線にしましょう。

PS4には光回線がおすすめ

PS4を快適に遊ぶなら光回線で間違いありません。
そこで、PS4に利用するおすすめの光回線をいくつかご紹介します。

フレッツ光

フレッツ光は光回線の定番商品です。
マンションなどにははじめから導入されていて、契約するとすぐに利用できるところも多くなっています。
しかし、ネックなのは料金面です。
フレッツ光は光コラボのようにスマホ割がないので、通信費をトータルで考えた場合には、やはり光コラボかなという感じです。

>>フレッツ光申込み≪最大60,000円キャッシュバック!≫

光コラボ

光コラボはフレッツ光の回線をそのまま利用したサービスなので、速度などは問題なく安心して使えます。
フレッツ光と違うのは、プロバイダー込みということと、スマホと同じ事業者のサービスでそろえることで、スマホ割引があることですね。
なので、例えばソフトバンクのスマホを使っていたらソフトバンク光にすることで、トータルの通信費は安くなります。
同じものを使ってるなら安い方がいいですよね。

ソフトバンク光

[table “45” not found /]

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光で決まりです。
最大で2年間毎月2,000円の割引が家族にも適用可能ですから、ぜひ家族でソフトバンクにそろえて利用したいですね。

https://hikari-hikakku.net/softbank-hikari/

auひかり

[table “44” not found /]

auユーザーにもそれ以外の方にも人気のauひかり。
auスマートバリューで最大で2年間毎月2,000円の割引が可能。
家族のauユーザーにも適用できます。
KDDIというブランドへの信頼度も高いですね。

https://hikari-hikakku.net/auhikari-hikaku/

ドコモ光

[table “43” not found /]

安定の人気のドコモ光。
もちろんドコモスマホユーザーは割引があるのでおすすめです。
dポイント10,000円分は、ローソンなどで使えるのでうれしいですね。

https://hikari-hikakku.net/docomo-hikari/

NURO光

[table “62” not found /]

NURO光は関東限定のサービスです。
最大2Gbpsなので他の光コラボよりも2倍ですから、かなり速いですね。
NURO光の回線はフレッツ回線ではなく独自の回線を使用していますので、フレッツの混雑による影響を受けません。
しかもソフトバンクのおうち割ひかりセットが使えるので、関東在住のソフトバンクユーザーにおすすめです。

https://hikari-hikakku.net/nuro-hikari/

コミュファ光

[table “63” not found /]

コミュファ光は東海エリア限定のサービスです。
コミュファ光もNURO光と同様にフレッツ回線ではなく独自の回線を使っています。
また、auスマートバリューが適用できます。
最大55,000円還元も魅力的ですね。

https://hikari-hikakku.net/commufa-reputation/

まとめ

PS4を快適にネット接続して遊ぶには、やはり光回線がおすすめです。
光回線はスマホとセット割引を利用すれば割引を使って安く利用できます。
NURO光やコミュファ光は、エリア限定ですが速度やキャッシュバックなどのメリットがあるので、利用可能なエリアの方にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました