プロバイダーもきちんと比較して乗り換えよう!おすすめプロバイダーはこちら

未分類

ネットが遅くて悩む女性
あなたの自宅のインターネット回線はストレスなくサクサクでしょうか?
利用方法によっても感じ方は違うと思いますが、自宅でのインターネットの利用方法としては

・仕事
・YouTubeやHuluなどの動画閲覧
・オンラインゲーム
・スマホのWi-Fi接続
・ネットサーフィン

こういった使い方が一般的かと思います。
ネットサーフィンくらいなら、ADSL回線でも十分かもしれませんが、それ以外のものだと、光回線じゃないと正直厳しいと思います。

https://hikari-hikakku.net/speed/

以前は光回線というとADSLに比べて料金が高いので躊躇される方も多かったと思いますが、最近は割と光回線の利用が当たり前になってきています。
それはやはり光回線の方が快適であることと、料金も比較的抑えることができるようになってきているからです。

https://hikari-hikakku.net/adsl/

ただ、実際に光回線を利用していてもなぜか速度が遅かったり、料金面での不満があったりする方もいらっしゃると思います。
この場合、考えられる原因のひとつに「プロバイダー」があります。
プロバイダーは、ネット回線を利用するのに必要なサービスなので、通常であれば、フレッツ光をNTTと契約してさらにプロバイダーを選んで契約をするという形になります。

プロバイダーは自由に選ぶことができて、各プロバイダーごとに付加サービスなどがありますが、料金もバラバラなのでプロバイダー選びを間違うと料金も上がってしまったりします。
回線の安定性などもプロバイダーの影響を受ける場合がありますので、現在フレッツ光を利用していてプロバイダーに不満がある方は、ぜひこちらの記事を参考にプロバイダーの見直しを検討してみてください。

プロバイダー乗り換えに関する疑問

プロバイダー選びで悩む女性

回線スピードの安定性や料金が少しでも安くなるのなら、プロバイダーの乗り換えを検討するべきだと思います。
ただ、プロバイダーを変えるということは場合によっては今まで使っていたサービスが利用できなくなることがあります。

本当に必要なサービスは残さなくてはいけませんし、不要なものはこだわらずに乗り換えた方がよいですが、その判断が難しいところなので、各項目別にプロバイダーを変えるとどうなるか、ご説明していきたいと思います。

メールアドレス

プロバイダーのメールアドレスを利用している場合、プロバイダーを変えると以前のメールアドレスは使えなくなりますので、新しいメールアドレスを作成する必要があります。
プロバイダーで利用しているメールアドレスというのは以下のようなものです。

[table “106” not found /]

ただ、メールアドレスはプロバイダーのものにこだわらなくても、gmailはとても使いやすいので代用はできます。
どうしても今使っているプロバイダーのメールアドレスでなくてはならない理由がある場合は、有料でメールアドレスを存続させるということも可能ですので、その場合は各プロバイダーに問い合わせてみてください。

電話番号

電話番号を持っている方は、なるべく番号は変えたくありませんよね。
電話番号は契約状況によって異なりますが、引き継ぐことができる場合もあります。
もともと加入権を持っている方の場合は、問題なく番号を変えずに引き継ぐことが可能です。
加入権がない番号に関しては、残念ながら引き継げません。
加入権について不明な場合は、NTTへ問い合わせてみましょう。

解約手数料や違約金

今は携帯電話もネット回線もプロバイダーも、その多くが2~3年の縛りを設けています。
おそらく、現在利用されているプロバイダーもそういった契約になっているかと思います。

こうした縛りのある契約の場合、更新月以外に解約をすると10,000円前後の解約手数料や違約金といった料金を支払わなくては解約ができません。
さすがにこれは痛いので、プロバイダーを変えるのは躊躇しますよね。

でも、あきらめるのはまだ早いです。
プロバイダーを変えるときに、もしかしたらこうした解約にかかる料金を負担してくれるキャンペーンが行われていることがあります。
また、違約金の負担ではないけれど、乗り換えることでキャッシュバックなどのキャンペーンをうけることができる場合もあります。
キャッシュバックがあれば、違約金と相殺できますし、なんなら違約金払ってもプラスになることも。

ですから、違約金がかかるからといってすぐにあきらめずに、まずは違約金の負担やキャッシュバックがないかなどを確認してみましょう。
あと、プロバイダーを変えることで月々の支払が安くなるのなら、違約金を払っても乗り換えた方が結果的に安く済むこともありますので、毎月のランニングコストも考えてみる必要がありますね。

工事

プロバイダーを変えると、大規模なものではないにしても工事が入る場合が多いです。
ただし、簡単なものならそれほど高額な工事費は請求されないとおもいます。
また、工事費を無料にしてくれるキャンペーンを行ってるところもあります。
もしもフレッツ光から光コラボへの乗り換えの場合は、転用と言って工事なしで変更できますので、工事費の心配はいりません。
ドコモやauやソフトバンクのスマホを使ってるなら、光コラボにすれば工事費もかからないしスマホ割引も受けられるのでおすすめです。

https://hikari-hikakku.net/docomo-hikari/
https://hikari-hikakku.net/softbank-hikari/
https://hikari-hikakku.net/au-hikari/

乗り換えるタイミング

プロバイダーを乗り換えるタイミングは、先ほど違約金のところでもお話しましたが、2~3年の縛りがありますので更新月に解約するのがベストです。
しかし、だからといって1年も2年も更新月まで待っていたら、回線が遅いストレスに苦しみ続けますし、料金が高かった場合にはずっとその高い料金を払い続けることになります。

それであれば、いっそのことすぐに変えてしまった方が、後々のことを考えるとよい、という判断もできます。
どちらが良いとは一概にいえませんが、乗り換えることで適用されるお得なキャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンもいつまでやっているかわかりませんから、そうしたキャンペーンを利用できるうちにサクッと乗り換えてしまうのが賢明な気がしますね。

その他の手続き

プロバイダーを変えると改めてインターネットの設置だったり、機器の接続などをあれこれしなくてはならないのはうんざりですよね。
でも、すでに自宅でインターネットを利用している場合には、そういった面倒はほとんどありません。
もし、わからないことがあってもお問い合わせ先へ連絡すれば教えてくれますし、サポートを無料で行ってくれるところもありますので、それほど心配はいらないと思います。

おすすめプロバイダー

速度や料金でお悩みの方におすすめのプロバイダーをご紹介したいと思います。

ソフトバンクのスマホを持ってるならソフトバンク光のYahoo! BB

ソフトバンク光は、プロバイダーがYahoo! BBのみとなっています。
プロバイダーそのものには特に、キャンペーンなどはありません。
しかし、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えれば、最大で30,000円相当のキャッシュバックがあります。

もちろん工事費も無料ですし、乗り換えに際してかかる解約金などの負担もしてくれます。
ここまで条件の良い乗り換えはなかなかありませんね。

月額料金もプロバイダー込みで3,800円~となっていて安いですし、ソフトバンクのスマホを持っていればおうち割光セットで最大2年間2,000円の割引がスマホ料金に適用されます。
ソフトバンクユーザーなら絶対に乗り換えた方がお得ということがわかると思います。

[table “45” not found /]

NURO光のSo-net

NURO光は関東エリア限定のサービスになりますので、それ以外のエリアの方は利用できませんが、なによりその回線スピードの速さに定評があります。

どの光コラボを見ても最大速度は1Gbpsですが、NURO光はその2倍の2Gbpsなんです。
ですから、とにかく速度優先で考えたい方にはNURO光がぴったりです。
NURO光のプロバイダはSo-netになりますが、料金は込み込みなので改めて契約する必要はありません。

しかも、現在のキャンペーンなら1年間月額料金が2,980円と激安で、しかも工事費も実質無料になるんです。
このキャンペーンはとってもお得なので、見逃したくないところですね。

さらに、NURO光はソフトバンクのおうち割光セットが適用できますので、ソフトバンクのスマホを利用している方なら、とってもお得になります。

[table “74” not found /]
https://hikari-hikakku.net/nuro-hikari/

>>NURO光の電話申し込みはこちら

コミュファ光のau one net

コミュファ光の回線を利用すると、以下のプロバイダーから選択することができます。

・au one net
・エディオンネット
・So-net
・nifty
・BIGLOBE
・ODN
・TNC
・hi-ho
・IIJ
・MediaCat

どのプロバイダーを利用しても、料金込みにできるので特に料金が変わるということはありません。
ただし、auスマホを利用している方の場合にはちょっと違います。
プロバイダーを「au one net」にすることでauスマートバリューが適用できるようになります。
auスマートバリューが適用できれば、最大2年間2,000円がスマホ料金の割引として適用されますので、かなりお得になることは間違いありません。
さらに、最大55,000円の還元もありますので、総合的に考えたら一番おすすめかもしれません。
ただし、コミュファ光は東海エリア限定なので、そのほかの地域の方は利用ができません。

[table “63” not found /]

auのスマホを持ってるならauひかり

auひかりは、auのスマホを持っているとauスマートバリューで毎月最大2,000円のスマホ割が適用になるので人気があります。
auスマホを持っていなくても、プロバイダー料金込みで利用できるのと、回線が安定していることもおすすめ要素のひとつです。
もしプロバイダーを「au one net」にすれば、10,000円のキャッシュバックもあります。

料金面を考えるのなら、一番おすすめなのはスマホをauにしてしまってauひかりを利用する形ですね。
さらに、家族のスマホもauでまとめてしまえば、毎月のスマホ割引が家族にも適用されるので、年間で考えるとかなりの金額が割引されることになります。

https://hikari-hikakku.net/auhikari-hikaku/

>>auひかりの電話申し込みはこちら

ドコモのスマホを持ってるならドコモ光

ドコモ光の回線は、プロバイダーを選択することができますので、今までと同じプロバイダーを使い続けられる可能性が高いです。
また、ドコモ光もスマホとセットで利用することで割引が適用できます。
ただし、auやソフトバンクとはちょっと割引が違います。
一人でも基本的に割引は適用になりますが、データ通信量を家族でシェアするシェアパックにした方が、断然お得になります。

https://hikari-hikakku.net/docomo-sharepack/

フレッツ光はどこでも選べる

フレッツ光は、全国どこでもほぼ利用できるエリアの広さと、プロバイダーがどこでも選択できるというメリットがあります。
しかし、フレッツ光を利用する場合には、回線料金と別にプロバイダーと契約して料金を支払う為、上記でご紹介したサービスに比べて割高になります。

また、光コラボのようにスマホの割引も適用になりません。
そう考えるとフレッツ光を選ぶメリットはあまりないですね。
NTTのフレッツ光が安心と考える方もいるようですが、光コラボはフレッツ光の回線を利用しているので、そこに違いはありません。
同じ回線なら安い方がいいに決まってますよね。

光コラボはよく考えて選びましょう

考えている女性

フレッツ光を利用するのなら、光コラボにした方がお得という風におすすめしてきましたが、使い方を誤るとお得になりません。
注意すべき点は2つあって、まずはスマホとのセット割です。
どうせ光コラボを利用するのならスマホとセットにするのが最も安く利用できる方法なので、これだけは必ずそろえた方がいいです。
今使っているスマホとそろえてもいいですし、光コラボに合わせてスマホを乗り換えてもいいでしょう。
スマホの乗り換えで特典を得られることもありますしね。

また、キャンペーンなどもしっかりチェックしておいてください。
どこでもいい、という適当な選び方をしてしまうと、他社ならキャッシュバックがあったのに…なんてあとから後悔することにもなりかねません。
工事費無料などのキャンペーンもあるとないとで10,000円以上変わってくることがありますので、最低限そこは確認してから申し込みをしましょう。

スマホとセットならお得

何度も同じことを繰り返しますが、とにかくスマホを持っているなら、スマホとセットにして光コラボを利用するのが一番です。

ドコモのスマホ→ドコモ光
auのスマホ→auひかり
ソフトバンクのスマホ→ソフトバンク光

これが一番です。
もちろん他社に乗り換えて使うのでもいいですが、スマホとネット回線をそろえることだけは忘れないでください。

割引もキャッシュバックもないところは微妙

実は光コラボのサービスはドコモやau、ソフトバンク以外にもたくさんあります。
例えばNURO光ならソフトバンク、コミュファ光ならauといった具合にスマホ割引が適用されるところもあります。
こうしたサービスならスマホ割もキャッシュバックもあるのでいいのですが、それ以外のところはキャッシュバックもスマホ割もなにもない場合があります。
こうしたところはできれば避けたいですね。
同じように利用するなら特典はできるだけ受け取っておいて損はありません。

プロバイダー乗り換え注意点

申し込み窓口に注意

プロバイダーや回線を乗り換える場合、申し込みをどこから行うかは慎重になってください。
公式サイトやショップへ直接申し込むとほとんど特典がありません。
当サイトでご紹介しているようなネットの代理店がもっともおすすめです。

工事日は余裕をもって

工事日は申し込みのタイミングで決めることが多いですが、時期によっては混雑していて時間がかかる場合があります。
特に土日などは混雑しやすいので、あらかじめ日程には余裕をもって申し込みをしましょう。

解約はできるだけ無駄なく

プロバイダーを乗り換えることになると、今まで使っていたプロバイダーの解約が必要になります。
解約のタイミングはネットが使えなくなる期間をできるだけ短くしたければ、新しい回線が使えるようになってからにした方がいいですね。
また、プロバイダーの解約にかかる費用が発生する場合には、一度新たに申し込むプロバイダーに確認をしましょう。
場合によってはその費用を負担してくれることもあります。

まとめ

以上、プロバイダーの乗り換えに関する情報でした。
ネット回線の速度や料金は、使い続ける限り付きまとうものです。
なるべく早めに解決することがおすすめですが、その際にはキャンペーンなどをしっかりチェックすることと、光コラボなどスマホ割があるところを利用してできるだけ毎月の料金を安く抑えるのがコツですね。

タイトルとURLをコピーしました