OCNユーザーが一番お得に引越しをする方法を公開!

未分類

引越し
現在フレッツ光OCNを利用している方で、これから引越しをされるという方は、当然ですがインターネットも引越しの手続きが必要になります。
引越しをするとなると、荷造りや引越し業者の手配に始まり、様々な住所変更などの手続きが必要になるのでとても大変ですよね。
しかし、インターネットの引越し手続きはしっかり行っておかないと新居でインターネットを利用できなくて、とても不便な思いをします。
ですから、引越しが決まったらなるべく早めに手続きを済ませるようにしましょう。

こちらのページでは、インターネットの引越しとOCNの引越しに関する手順や、お得に引越しをするための情報をご紹介しています。
これから引越し予定がある方はぜひ参考にご覧ください。

インターネットの引越しはできるだけ早めに申し込む

インターネットは転居先の状況にもよりますが、基本的になんらかの工事が必要になります。
そして、工事には業者が関わってきますので、あらかじめ業者と日程を調整して工事日を決めなくてはなりません。

しかし、この工事日がなかなか厄介で、こちらの都合にうまく合わせられるとは限らないのです。
特に引越しが殺到する2月~4月頃は、同じように引越しで工事を依頼する方は多いので、申し込みから工事日まで1か月以上かかってしまう場合もあります。
しかも、土日などはみなさん希望されるため、なかなか日程確保ができないことが多いんです。
でも、引越してから1か月もインターネットが自宅でつながらないなんて不便すぎますよね?
ですから、引越しが決まった時点ですぐにインターネットの引越し手続きも進めるようにしましょう。

光コラボに乗り換えで毎月の料金が安くなる

家計簿
転居に伴うネットのお引越しですが、これを機に光コラボレーションサービスに変更される方が最近多くなっています。
なぜかというと、それは毎月の通信料金が安くなるからです。

インターネット回線は事業者ごとに料金が違うので、安い回線を探そうと思えばたくさん見つかります。
しかし、実際にどの業者が一番安くて使いやすいのかを調べるのはなかなか苦労します。
特にそうした情報に疎い方はめんどくさくて探す気にもなれないでしょう。

でも、光コラボレーションで選ぶべきは今使っているスマホ会社ですから、何も難しく考える必要はありません。
あなたが持っているスマホがドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、auならauひかりにすればいいだけなんです。
これならどの回線にするか悩む時間ゼロなので、とても簡単ですよね。
では、光コラボの料金がどれくらいお得なのかを見てみましょう。

auひかり

■料金表
[table “17” not found /]

※戸建てタイプ

auひかりはプロバイダ料金込みなので、NTTとプロバイダーそれぞれから請求が来るという面倒なことにはなりません。
また、2年目以降料金が下がっていくので、長く使うことを考えればauひかりの方がメリットがありますね。
ただ、auひかりのメリットはまだまだこれだけではありません。

■キャンペーン
フレッツ光では最近あまりみなくなったキャッシュバックなどの大型キャンペーンですが、auひかりなら数万円のキャッシュバックキャンペーンを行っていることがあります。
キャンペーンの内容はタイミングによって違うので、申し込む前に確認をしてみるとよいでしょう。

■auスマートバリュー
auユーザーがもっとも得をするのが「auスマートバリュー」です。
auスマートバリューは、auひかりとスマホをセットで利用することで、毎月スマホ料金が割引されます。
これはフレッツ光OCNにはない割引なので、auひかりを利用した方だけが受けられる恩恵です。

[table “8” not found /]
[table “9” not found /]
[table “10” not found /]

このように、スマホとauひかりを併用することで、最大2年間毎月2,000円OFFになります。
単純計算で2年間で48,000円の割引になります。
また、3年目以降も毎月934円の割引が継続されるのもうれしいですね。

[table “11” not found /]

さらに家族にもauユーザーがいれば、同じように割引が適用されるので、家族が多ければ多いほど割引額が増えるという仕組みなんですね。

>>auひかりの電話申し込みはこちら

ソフトバンク光

■料金表
[table “18” not found /]

※戸建てタイプ

ソフトバンク光もプロバイダー料金込みなので、支払いなどが一括でできるメリットがあります。
ただ、単純に料金だけ比べると、100円ほど高くなってしまっていますね。
ただ、これは戸建ての2年更新タイプなので、5年更新タイプやマンションタイプになるとフレッツ光OCNよりは安い料金になります。
また、ソフトバンク光もキャンペーンやスマホとのセット割を含めて考えれば、お得になることは確かです。

■キャンペーン
光コラボサービスの中でも、特にキャンペーンが目立つのがソフトバンク光ではないでしょうか。
現在もこちらで最大30,000円相当のキャッシュバックキャンペーンが行われています。

貴重なキャッシュバックキャンペーンなので、ソフトバンクユーザーの方はぜひ利用したいところです。

■おうち割光セット
ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホやケータイとセットで「おうち割光セット」という割引が適用になります。
[table “19” not found /]

さらに、家族の携帯代も割引が毎月適用になりますので、もし家族4人で毎月2,000円割引が適用された場合、月に8,000円の割引となり、2年間で192,000円も割引されることになります。

ドコモ光

■料金表
[table “20” not found /]

※戸建てタイプ

ドコモ光の場合も、ソフトバンク光と同様にネット回線料金だけを比べると100円ほど高くなってしまいますが、マンションタイプなどプランによってはフレッツ光OCNよりも安く利用することができます。

■キャンペーン
ドコモ光では、契約完了で10,000円相当のキャッシュバックがあります。
こちらは、dポイント10,000円分の付与になりますが、dポイントはコンビニなどで利用できますので、実質現金のキャッシュバックと同じと思ってよいのではないでしょうか。

■光セット割
ドコモのスマホとドコモ光の併用をすると、「光セット割」という割引が利用できます。
光セット割は料金プランにより割引額がことなりますが、パケットを家族で共有するシェアパック利用時が特に大幅割引となるのでお得です。

シェアパックの場合
[table “13” not found /]

ひとりでご利用の場合
[table “21” not found /]

また、ドコモの利用年数に応じて適用されるずっとドコモ割は光セット割とダブルで割引されるので、長くドコモを利用している方はさらにお得に利用できることになります。

[table “22” not found /]

住所変更で工事費が必要になる場合とならない場合

悩む女性

フレッツ光OCNを利用していて転居する場合、NTT西日本と東日本それぞれのエリア内での転居であれば、利用を継続する限り違約金が発生したり、新たに工事費用が発生することは原則的にありません。
しかし、NTT東日本に限っては工事費が発生してしまう場合があるようです。
利用しているプランや移転先の状況によりますが、6,500円~9,000円程度の費用が発生する場合がありますので、あらかじめ確認した方がよいでしょう。

転用ならかからない

フレッツ光を利用している方が、光コラボサービスへ変更することを「転用」といいます。
この場合、利用サービスは変わっても使う回線はフレッツ光の時と同じものになるので、工事費用は発生しません。
ただし、例外としてフレッツ光でVDSLタイプを利用していた場合や、古いタイプのフレッツを利用している場合には、転用でも工事費用が発生してしまう場合があります。

フレッツ光は東西をまたぐと解約になります

フレッツ光を利用していて、引越しをするだけなら通常は契約が継続されることになりますが、NTT西日本と東日本のエリアをまたぐ引越しをする場合には、契約が一度解約となり新規契約をしなくてはならなくなります。
なぜかというと、NTT西日本とNTT東日本は別々の会社だからです。
利用している側としては同じNTTという認識かもしれませんが、残念ながらこの仕組みはどうにもなりませんので、もしエリアをまたぐ引越しをする場合には、そのままフレッツ光に新規申し込みをするよりも、光コラボサービスなどに加入した方がキャンペーンで工事費無料になったり、キャッシュバックなどを利用できるのでお得でしょう。

東西の境目はどこ?

NTT西日本とNTT東日本の境目ですが、

富山県、岐阜県、愛知県、静岡県

これらは西日本の管轄となります。

新潟県、長野県、山梨県、神奈川県

これらは東日本の管轄となります。地図

光コラボに乗り換えたらフレッツ光の違約金は?

フレッツ光から光コラボへ転用をすると、フレッツ光は解約するという扱いになります。
フレッツ光は、更新月以外での解約には違約金が発生してしまいますが、転用する場合はどうなるでしょうか。
各サービスごとに調べてみました。

ドコモ光

ドコモ光への転用をする場合、フレッツ光の違約金は発生しません。
しかし、初期の工事費用を分割支払いにしていた場合は、免除になりませんので支払いが継続となります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光への転用も、フレッツ光の違約金は発生しません。
ただし、プロバイダーがヤフーBB以外だった場合、ソフトバンク光にするとプロバイダーはヤフーBBしか選択できないため、解約となります。
この、プロバイダーの解約に関する違約金が発生する場合は、支払わなくてはなりませんので、あらかじめプロバイダーへ問い合わせをしておきましょう。

auひかり

auひかりへの転用をする場合、フレッツ光の更新月以外であれば違約金が発生してしまう場合があります。
違約金は9,500円程度になるかと思いますが、auひかりにすることで毎月の通信料が安くなりますから、トータルで見るとauひかりにした方が得すると考えて問題ないでしょう。

光コラボへの乗り換えで変わるもの

フレッツ光から光コラボサービスへ転用をしても、同じフレッツ光の回線を利用したインターネットが利用できるので、特別利用していて変わることはありません。
ただし、一部変更になるものがありますので、見てみましょう。

電話番号

フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光、auひかりに転用するとそれまで利用していた電話番号は変わってしまします。
ただ、電話番号が使えなくなってしまうということではないので問題はないでしょう。

プロバイダー

プロバイダーは、利用する光コラボサービスごとに選べるサービスが限定されているので、場合によっては変更しなくてはならないかもしれません。
例えばソフトバンク光の場合はヤフーBBしか選択することができません。
プロバイダーを変更することで、それまで使用していたプロバイダーのメールアドレスが利用できなくなりますが、そもそもあまり利用していないのであれば問題はありません。

支払い先

今までは、ネット回線料金をNTTへ支払い、プロバイダー料金をプロバイダーへ支払っていました。
しかし、光コラボにした場合には、プロバイダー料金込みでの請求となるため、一か所への支払いで済むことになります。
なにかあった際の問い合わせ先も一か所で済むので楽ちんになりますね。

転用手続きの流れ

フレッツ光OCNから光コラボへ転用をするには、自分で手続きの申し込みが必要になります。
申し込みから実際に利用できるようになるまで時間がかかりますので、なるべく早めに申し込みをすることをお勧めします。

NTTへ連絡して転用承諾番号を取得

NTTへ連絡をして転用承諾番号を取得する必要があります。
転用承諾番号の取得はウェブか電話どちらでも取得可能です。

コラボ申し込み

転用承諾番号を取得したら、利用する光コラボサービスへ申し込みをします。
この際に、転用承諾番号必要になるので準備しておきましょう。

OCNへ連絡

もし、ドコモ光以外のサービスを利用する場合や、ドコモ光だけどOCNを利用しない場合には、プロバイダーが変更となりますので、OCNへ連絡して解約しなくてはなりません。
そのままにしておくと使用していないプロバイダーの料金が発生してしまいますので気を付けましょう。

まとめ

以上、フレッツ光OCNの引越しに関する情報をまとめてみました。
スマホを利用している方なら、光コラボサービスを利用して毎月の通信料を割引してもらうのが今は一番お得なようですね。

https://hikari-hikakku.net/hikari-collaboration-diversion/
タイトルとURLをコピーしました