marubeni光の評判は?光コラボで料金も比較してみました

未分類

丸紅テレコム株式会社から提供されている「marubeni光」はもともと提供されていた「Mひかり」というサービスの名称が変更になったものです。
お得なキャンペーンや「丸紅」というブランド力もあって密かに人気となっているこのmarubeni光について、今回は情報をまとめてみたいと思います。

また、実際に利用された方の口コミや評判と、他の光回線サービスとの比較なども行ってみて、marubeni光がおすすめできるサービスかどうかもチェックしてみました。
marubeni光のご利用を検討されている方も、今回初めてmarubeni光という名前を知った方もこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

marubeni光とは

marubeni光は、丸紅テレコム株式会社という会社が提供している、光コラボレーションサービスです。
光コラボということなので、NTTフレッツ光の回線を転用して使っていることになります。
丸紅テレコム株式会社はブロードバンド回線の販売を行っている会社で、丸紅グループの企業のひとつです。

丸紅といえば、国内でも最大手の商社として有名ですから、その名前がついたmarubeni光なら安心して利用できそうですね。

料金

marubeni光とフレッツ光、そして同じ光コラボのソフトバンク光を比較してみました。

[table “177” not found /]

今回は、すべてマンションでの2年利用で料金を出してみました。
marubeni光は回線料金とプロバイダー料金合わせて月額5,150円になります。
それに対しフレッツ光は3,450円、ソフトバンク光は3,800円になります。
こうしてみると、ちょっとmarubeni光は高い印象がありますね。
しかも、ソフトバンク光はソフトバンクスマホを利用していれば、おうち割ひかりセットが適用になるので、さらにスマホ料金から割引される+キャッシュバックも含めると、この中ではソフトバンク光が一番おすすめという形になりますね。

>>最大30,000円キャッシュバックのソフトバンク光

速度

marubeni光は、100M/200M/1Gのプランがあります。
ただ、基本的に100Mや200Mのプランはあまり普段ネットを使わない方向けのプランになりますので、インターネットメインで利用されるかたは1Gのプランがいいでしょう。
フレッツ光もソフトバンク光も1Gですからね。

プロバイダー

marubeni光はプロバイダーを指定できますが、別途利用料金がかかります。
もし、プロバイダーにこだわりがない場合は、安いところにしてもいいですし、契約を一本化したいならMarubeniBBにしても良いでしょう。
MarubeniBBは月額1,200円から利用できますが、3ねん割なら980円、4ねん割なら930円で利用できます。
ただし、契約期間中に解約をする場合には、違約金として5,000円がかかりますので注意が必要です。

割引・キャンペーン

marubeni光にはソフトバンク光のようにスマホとセットでの割引はありません。
ただし、marubeni光に加入と同時にNTTグループカードを作ってmarubeni光の料金支払いをNTTグループカードにすれば、毎月200円を2年間キャッシュバックしてもらうことができます。
さらに、カード入会後、3か月以内に応募+利用+登録をするとレギュラーカードで最大10,000円、ゴールドカードで最大15,000円のキャッシュバックもあります。

marubeni光の評判は?

ネットでmarubeni光の口コミ・評判を拾ってみました。

正直なところ、marubeni光に関する投稿って少なかったです。
丸紅という会社自体はとても大きな会社ですが、marubeni光自体はまだそれほどメジャーではないようですね。

まとめ

今回私が調べた限りでは、marubeni光は特に悪い回線ということはないと思います。
光コラボなのでフレッツ光と同じ回線を利用していますからね。
ただ、料金面などを考えると、そのほかの光コラボに軍配が上がるかなといったところです。
特にスマホを持っている方は、キャリアと同じ光コラボにしてスマホの割引を適用させれば料金的にはmarubeni光よりもかなり安くなりますからね。

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/
タイトルとURLをコピーしました