一人暮らしにおすすめの料金が安くて速いインターネット回線ランキング

未分類

電話する女性
新しく一人暮らしを始めたかたは、やはり毎月の出費をいかに抑えるかということに頭を使いますよね。
特に新社会人の方はまだまだ初任給で給料もそれほど高くありませんから、しっかりと毎月の生活費を節約していかないとなりません。

会社では、付き合いなどで外食が増えてしまったりして思わぬ出費がかさむこともありますので、節約するとしたら自宅での生活費になります。
そこで気になってくるのがインターネットにかけるお金です。

一人暮らしでも自宅にインターネット回線を引いている方は多いですが、毎月かかる通信費はできるだけ抑えたいですよね。
ただ、インターネット回線の料金は選ぶ回線によってまちまちです。

比較サイトをなどをみて安いのを選べばよいのですが、ただ安いだけで使えない回線じゃ意味がありません。
また、安い回線の選び方はそれぞれの利用環境にとってことなりますので、以意外に難しかったりします。

そこで、今回は利用環境に応じた回線の選び方をご紹介したいと思います。
これからインターネット回線の契約を考えている方も、すでに利用中の方で乗り換えを検討している方も、こちらの内容を参考にしてみてください。

料金を安くする為の方法

家計簿
これからインターネット回線を契約しようとしているかた、そして現在フレッツ光を利用している方は、選ぶ回線次第で割引が適用されて通常の料金よりも安くインターネットが利用できる可能性があります。

ホームページに表示されている月額料金だけでは判断できない部分になりますので、ぜひこちらを参考にして回線選びを検討してみてください。

スマホのセット割引を使う

現在ドコモ、ソフトバンク、auのいずれかのスマホを利用している方は、フレッツ光やそのほかの回線ではなく、光コラボの回線を利用するのがもっともおすすめです。
光コラボとは、ドコモ、ソフトバンク、auが提供しているインターネットの光回線です。

これらの回線は、フレッツ光と同じ回線を利用しているので、フレッツ光よりも速度などが劣るということはありません。
ですから、自宅でインターネットを利用するにあたってはフレッツ光でも光コラボでも特に変わりはないと思って問題ありません。

唯一違うのは、選べるプロバイダーが限定されるということです。
もし、どうしても使いたいプロバイダーがあるのであれば、そのプロバイダーが光コラボで選択できない場合には利用できませんが…
そこまでプロバイダーにこだわる必要ってあまりないと思います。

それよりも、光コラボにすることで得られるメリットの方が大きいと思います。
光コラボを選択することで得られるメリットは、ズバリスマホの毎月の割引です。

ドコモ→ドコモ光、ソフトバンク→ソフトバンク光、au→auひかりを利用するだけで、毎月のスマホ料金が割引されます。
しかも、その割引がプランによっては家族にも同時に適用できる場合があります。
普通にフレッツ光を利用していても適用されることがない割引なので、スマホを利用されている方でインターネット回線を契約する方は、光コラボを選択するのがもっとも安く利用できる方法になります。

キャンペーンを利用する

光回線の申し込みの際には、キャンペーンにも注目してみてください。
事業者ごとに行われているキャンペーンは異なりますが、工事費無料やキャッシュバックがある場合には、それらのキャンペーンを利用することで、大幅に初期費用が節約できたり、キャッシュバックで得をすることができます。

適正な料金プランを選択する

毎月の料金を抑えるには、基本はプランの選択です。
光コラボを利用することで毎月スマホ料金が割引になりますし、キャンペーンを利用してお得に契約ができても、そもそもの料金が適正でなければ無駄な支払いが発生してしまいますよね。

現在、ドコモやソフトバンクやauでは通話料のプランはあまり種類がないので選択できるとすればパケット通信料の部分になります。
パケット通信料の選択は、ギガ数を少なくすればするだけ料金は安くなりますが、すぐに容量を使い切ってしまって通信速度制限にかかってしまうとあまり意味がありません。

ギガ数の選択は、ドコモ、ソフトバンク、auの各ショップへ行って過去数か月の利用状況を見てもらえば、およそ何ギガあれば足りるかをアドバイスしてもらえると思います。
あとは、自宅にインターネット回線を引いたらWi-Fiを利用できますので、自宅にいる間はパケット通信料を消費しなくてよくなりますので、いままでよりも少ないギガ数で足りるようになるかもしれません。

外出先でもWi-Fiがあるところではなるべく利用するようにするなどして通信料を節約すれば、契約する料金プランも安いもので足りるようになりますね。

利用しているスマホごとに選択する回線

スマホを触る女性の手
とにかくスマホを持っているのなら利用した方がいいのが光コラボです。
同じようにインターネットが利用できるなら、割引が適用になるサービスを利用しない手はありませんよね。

では、各キャリアごとに割引が入る光コラボサービスを順にご紹介していきます。
なお、各サービスの料金や割引額は代表的なものをご紹介していますので、詳細をご覧になりたい方は関連記事でご確認下さい。

1.ソフトバンク光

[table “73” not found /]

ソフトバンクのスマホとセットならソフトバンク光です。
フレッツ光からの転用なら工事も不要で利用できます。
スマホの割引は最大で毎月1,522円が2年間。
さらに3年目以降も割引が継続されます。
これらの割引は家族にいるソフトバンクユーザーにも適用されますので、家族が多ければそれだけお得感が増します。
キャッシュバックは30,000円相当となかなかの額です。
他社からの乗り換えの場合のプロバイダー違約金も全額負担してもらえますので、乗り換えで損をするということはまずありませんね。

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

2.NURO光

[table “74” not found /]

NURO光はSo-netが提供するサービスですが、なんとソフトバンクのスマホを利用していれば、ソフトバンク光と同様におうち割光セットが適用できるんです。
つまり、ソフトバンクユーザーにはソフトバンク光とNURO光の二つの選択肢があるということになります。
しかも、NURO光はほとんどの事業者が最大速度1Gbpsのところ、最大2Gbpsになっていますので、光コラボの中で最も速い回線ということになります。
とにかく速度重視の方はNURO光を選んでいますね。
ただし、残念ながらNURO光は関東限定のサービスとなっているので、エリア外の方は利用できません。

3.auひかり

[table “75” not found /]

auユーザーならauひかりで決まりです。
auひかりは光コラボサービスの中でも、回線速度が安定していると定評があります。
また、一番の魅力はauスマートバリューによる割引ですね。
毎月2,000円の割引が最大2年間続きます。
3年目以降も割引は継続されますし、ソフトバンクと同じように家族にも割引が適用となります。
初期費用も掛からないので、申し込まないという選択肢はないのではないでしょうか。
auひかりはエリアも広いので、ほぼ全国どこでも加入できます。
他社のスマホから乗り換えて家族でまとめてauひかりにしてもいいくらいおすすめです。

https://hikari-hikakku.net/au-hikari/

4.コミュファ光

[table “76” not found /]

コミュファ光は、東海地方限定のサービスなので、全国での利用はできません。
しかし、コミュファ光はauスマホを利用していればauスマートバリューが利用できますので、毎月のスマホ料金が最大2,000円割引になります。
ですから、東海地方にお住いのauユーザーにおすすめです。
エリアが限定されているので、フレッツ光のように回線が混雑しすぎて遅くなるといったことも少ないのが特徴でもあります。
また、55,000円という高額キャッシュバックもとても魅力的ですね。

https://hikari-hikakku.net/commufa-hikari/

5.ドコモ光

[table “76” not found /]

ドコモ光はドコモユーザーにおすすめですが、auやソフトバンクと比べてやや割引が異なります。
ドコモ光の場合、毎月のスマホ料金が割引にはなりますが、より高額な割引をするにはデータプランを家族でシェアパックにします。
シェアパックにすることで、割引額が上がるので、家族でまとめての利用がおすすめです。
また、コンビニなどで使えるdポイントがキャッシュバックされます。

https://hikari-hikakku.net/docomo-hikari/

モバイルルーターはどうなの?

ここまでは、自宅の光回線についてご紹介してきました。
スマホとセットにすることでお得になるのはご理解いただけたと思います。
しかし、自宅には回線は必要ないという方もいますよね。

自宅ではあまり使わなくて、外で使うことが多いという方は、モバイルルーターの方がいいのではないかとお考えでしょう。
確かに、モバイルルーターはどこでも場所を選ばずにWi-Fiを利用できますので、パソコンやタブレットを持ち歩いて外で使える便利なアイテムです。
スマホのテザリングに比べて速度も安定して速いですし、スマホとは別に持つことで利用できるデータ容量にも余裕ができます。

https://hikari-hikakku.net/tethering/

では、モバイルルーターと光回線ではどちらを選ぶべきなのでしょうか。
メリットとデメリットに分けてみてみましょう。

メリット

モバイルルーターがあれば、自宅でも外でもどちらでもWi-Fiが使えます。
また、契約をしたら工事不要ですぐに使えるという手軽さも大きいです。
最近はいろいろなところでフリーWi-Fiスポットがありますが、こうしたものに比べてセキュリティ面が安心というところもあります。

デメリット

モバイルルーターは良くも悪くも持ち運びができてしまいます。
ですから、もし自宅で他に使いたい方がいても、持ち運びしてしまうと持っている方しか利用ができません。
また、エリアや建物の構造などによっては速度が遅くなったり、ひどい場合は通信ができないこともあります。
これは実際に使ってみないとなんとも言えませんね。

おすすめのモバイルルーター

外での利用がメインという方は、モバイルルーターの選択で問題ないと思います。
ただし、モバイルルーターもいろいろあって、月の利用容量に制限があるものとないものがあります。
せっかくモバイルルーターを手に入れても通信速度制限なんてされては意味がありませんので、制限がないものがおすすめです。

そこでおすすめなのはWiMAXです。
WiMAXは月額2,726円から利用できるポケットWi-Fiです。
端末代金は0円、月間データ量も無制限で利用できます。
さらにキャンペーンで初期費用が割引になるなどお得なプランがそろっています。

>WiMAXの詳細はこちら

一人暮らしとインターネットの必要性

実家では家族みんなが使うからインターネット回線を引いていたけど、一人暮らしなら不要なのでは?
という疑問がわいてきませんか。
そこで、一人暮らしとインターネット回線についてまとめてみました。

必要な方

自宅にインターネット回線があると、スマホをWi-Fi接続することでデータ容量を節約できます。
YouTubeなどの動画を閲覧してしまったら、すぐに通信速度制限にひっかかってしまうのであるとないとではかなり違いますね。
また、仕事を自宅に持ち帰ってパソコンでするという方も、ネットがないと仕事になりません。
わざわざカフェに行って仕事をするより、自宅でリラックスしてできた方がいいですよね。

不要な方

基本的にスマホを持っていてよく使う方は、ネット回線があった方がいいと思います。
しかし、ガラケーしか持っていない、パソコンも持ってない、タブレットも持っていないという方は、自宅にインターネット回線があっても使わないと思うので、契約しなくていいでしょう。

まとめ

以上、一人暮らしとインターネットについてまとめてみました。
スマホを利用している方は、同じキャリアのサービスがおすすめです。
外でしかネットをほとんど使わないという方は、モバイルルーターもありですね。

一人暮らしだと、なんでも節約したいですが、自宅に回線を引いた方が結果的に節約につながる場合もありますので、利用状況やキャンペーン、割引など総合的に判断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました