iPhoneの画面割れ防止方法と安く済ませる修理方法をご紹介!

未分類

画面が割れたiPhone
iPhoneは画面が大きくてきれいに映ってとても使いやすいですが、ちょっと落とすとすぐに画面が割れてしまいませんか?
ほかにもお尻のポケットに入れていてかかんだらヒビが入ったとか、割と簡単に画面が割れてしまうことが多いようです。
そんなことにならない為に、ケースなども販売されてますが、iPhoneが好きな方ってあまりケースに入れたがらない方が多いから、余計に割ってしまうんでしょうね。

そして、iPhoneの画面が割れたまま使っている方が以外に多いようです。
しかし、画面が割れたままのiPhoneを使い続けるのはとてもリスクが高いので、速めに修理した方がいいんですよね。

ということで、iPhoneの画面割れの修理方法や、予防策についてご紹介していこうと思います。

ガラス割れが他の故障を引き起こす

iPhoneの画面が割れたまま使い続ける方はすごく多いように思います。
電車の中でも画面が割れたままのiPhoneを使っている方をよくみかけますよね。
しかし、それはとっても危険な行為なんです。
画面が割れたままのiPhoneを使っていると、ちょっとしたヒビがどんどん進行していってしまう場合があります。
また、割れた画面から傷がひどくなっていき、画面だけでなく本体の故障につながる可能性もありますので、iPhoneの画面が割れてしまったら早急に修理をすることをおすすめします。

ガラスの破片でケガ

画面割れは、はじめはちょっとでもだんだん進んで大きくなっていきます。
そうなると、タッチパネルの反応も悪くなりますし、ガラスの破片でケガをしてしまう恐れも。
最終的にはタッチパネルが反応しなくなってしまって、iPhoneの操作が一切できなくなってしまいます。
そうなる前に、修理をしましょう。
iPhoneの画面割れは見た目だけでなく本体にもとてもよくありません。

応急処置

もし、iPhoneを落としたりして画面が割れたりヒビが入ってしまったら、とりあえず応急処置をしましょう。
そのままにしておくと、状態がもっと悪化してしまうかもしれません。
iPhoneを修理に出そうと思っても、すぐにショップへ行けなかったり、代替機がなかったりしてすぐに対応できない場合もあると思います。
そういう場合に、応急処置をしておくことで最悪の事態を避けることができます。

まずはバックアップ

パソコンとスマホ

とりあえず、iPhoneが正常に動くうちにバックアップを取りましょう。
完全に動作しなくなってしまってからでは遅いです。
iPhoneのバックアップはパソコンで行うか、iCloudに保存するかの2通りです。
どちらの方法でも問題ありませんが、iCloudは容量に制限があるので、もし足りないようであればパソコンへバックアップを取るか、iCloudの容量を追加しておきましょう。
パソコンがない場合には、iCloudへ保存するしか選択肢はありませんね。
ちなみに、iCloudへの保存をする場合は、Wi-Fi通信をする必要があります。

サランラップ


iPhoneの画面割れの応急処置としてメジャーなのが、サランラップを巻く方法です。
サランラップを巻くとことで、割れたガラスでケガをするのを予防できるほか、割れた部分のズレ防止にもなります。
サランラップと画面をしっかり密着させれば、タッチパネルも反応するようです。
サランラップならどこの家庭にもあるのですぐに使えそうですね。

テープ

もし、ほんの少しだけヒビが入った程度であれば、画面全体をサランラップで覆う必要はありません。
割れている部分だけセロテープなどで止めておくだけでも良いでしょう。
ただし、強く圧迫するとヒビが広がってしまう可能性がありますので気を付けてください。

保護フィルム

一般的に画面を守る為に使う保護フィルムですが、画面が割れてしまった場合の保護としても保護フィルムは使えます。
もともと保護フィルムを貼っていたうえで画面が割れてしまった場合も、無理に保護フィルムをはがさずそのままにしておけば、ケガを予防できますしさらに画面割れが広がるのを防げます。

iPhoneの画面割れ修理方法

iPhoneの画面割れを修理するにはいくつかの方法があります。
価格の違いやそれぞれにメリットデメリットがありますので、ご紹介しますね。

AppleCare

リンゴ
Appleが行っている保証プログラムです。
iPhone購入時に加入するかしないかを選択できて、加入すると保証期間が2年間に延長となります。
また、画面の損傷は1回3,400円、それ以外の損傷は11,800円で最大2回受けることができます。

[table “60” not found /]

修理業者に依頼

工具

iPhone購入の際にAppleCareに加入していなかった場合、Appleへ修理を依頼するとiPhone SE/iPhone 6s/iPhone 7なら14,800円、iPhone 6s Plus/iPhone 7 Plusなら16,800円の修理料金がかかります。
AppleCareに加入している場合なら保証を利用するので問題ありませんが、未加入だったり2年を経過してしまっていたり、あるいは近くにAppleのお店がない場合には、別の業者を利用するしかありません。
そうなった場合に選択できる業者の種類は2つあります。

総務省認定登録修理業者

iPhoneの修理業者の中には、総務省認定登録を受けている業者があります。
これらの業者は、厳しい基準をクリアして総務省からお墨付きをもらっているので、安心して修理を依頼することができます。
ただし、それでもApple以外の業者の修理を受けると、その後Appleのサポート対象外となってしまう恐れはあります。
ですから、Apple以外の業者を利用する場合には、そうしたリスクがあることを理解したうえで利用しましょう。

そんな中でも、総務省認定登録修理業者なら安心して修理を任せることができますが、料金はAppleCare未加入でAppleに修理を依頼するよりもやや高くなります。
ですから、Appleへ依頼がどうしても厳しい場合に、こういった業者を選択することをおすすめします。

その他の業者

iPhoneの修理業者は、ネットなどで検索すればたくさん出てきます。
おそらく、街中でもiPhoneの修理の看板を見たことがあるのではないでしょうか。
こうした業者は、Appleはもちろん関係ありませんし総務省の登録もない業者です。
だからといって修理ができないわけではありません。
しかし、こうした業者で修理をすると、その後Appleのサポート対象外となってしまうことは理解しておきましょう。
確かに修理の金額はAppleや総務省認定登録修理業者に比べると割安ですので、ついつい依頼したくなります。
ですが、修理技術についてもお店によりまちまちですので、あまり利用はおすすめしませんが、もし利用する場合には確かなお店であるかどうかをしっかり見極めることが重要です。



機種変更する

iPhoneの修理はそれなりの修理料金がかかります。
もし、最新機種にしたばかりではないのなら、これを機に機種変更をしてしまうというのもひとつの手です。
機種変更をすれば、画面割れも解決ですし最新機種が手に入ることになります。
また、機種変更をする場合には今使っているキャリアでの変更でもいいですが、MNPで他のキャリアへ変更すればキャンペーンなどで機種変更代金が安く済む場合があります。
他にも、古い機種を下取りに出せばその分割引をしてもらえるので、さらに機種変更代金は安くなります。
もちろん、画面割れしているので下取り代金はやや下がる可能性がありますが、それでも捨てるよりはプラスになること間違いありません。

光コラボの同時申し込みでさらにお得に!

もしも自宅でフレッツ光の回線を使っている場合には、MNPで機種変更するのと同時にインターネット回線も光コラボサービスに変更することをおすすめします。
たとえばドコモからソフトバンクにMNPするとして、フレッツ光もソフトバンク光に変えてしまうのです。
そうすると、毎月のスマホ料金が割引になりますので、いままでよりも通信費を抑えることができます。

フレッツ光からソフトバンク光への切り替えは、転用となりますので工事費などはかかりません。
さらに、キャッシュバックキャンペーンを利用すればプラスになるのもうれしいですね!

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

画面割れ防止方法

iPhoneは画面が大きいので、どうしても画面割れしやすくなってしまいます。
しかし、割れてしまうと高額な修理料金がかかってしまいますし、修理している間は手元からiPhoneがなくなってしまうので非常に不便です。
そうならない為には、あらかじめ画面割れ予防策を行っておく必要があります。
では、どのような対策があるか見てみましょう。

ケースに入れる

基本はやはりケースです。
iPhoneを落とすとき、ケースにはいっているかどうかで画面割れするかしないかがかなり変わってきます。
手帳型などで画面そのものを保護してくれるタイプが一番安全かもしれません。
また、ケースに入れていれば落としたりした場合に、画面だけでなく本体も保護することができます。
ケースにもいろいろな種類がありますが、落とした時のことを考えるとなるべくクッション性があるものがよいかもしれません。

保護フィルムを貼る

ケースには入れなくても保護フィルムは貼るという方は多いと思います。
保護フィルムは画面の表面につく傷を予防できますが、最近はより強力な強化ガラス保護フィルムもあります。
これを貼っていたからといって絶対に画面割れがしないわけではありませんが、あるとないとでは違いますので、保護フィルムもしっかり貼っておきましょう。

バンカーリング

バンカーリングは、iPhone本体の裏側に取り付けるアイテムです。
これは、iPhoneを直接守ってくれる効果はありませんが、iPhoneを持つ際にリングに指をかけることで、うっかり手を滑らせて落としてしまうのを防止できます。
iPhoneを落とすのはたいていが歩きスマホや立って利用している時で、その高さから落とすとかなりの高確率で画面や本体が損傷しますので、バンカーリングを付けておくだけでも違います。
実際に利用してみると、持ちやすいのでおすすめですよ。

まとめ

以上、iPhoneの画面割れ対策と、修理方法についてご紹介しました。

iPhoneの修理をするならAppleCareが間違いありません。
しかし、状況によってはそれ以外の業者の利用もやむをえませんが、その場合Appleのサポート対象外になってしまう可能性があることを理解したうえで利用しましょう。

また、あらかじめケースなどで画面割れ防止をしておくこともおすすめですね。

タイトルとURLをコピーしました