iPhoneの故障やフリーズ、壊れた時の対応方法を知っておきましょう!

未分類

スマホをいじる女性

iPhoneは電話としての機能はもちろんですが、それ以外にもさまざまな場面で利用します。
例えばスケジュール管理やApple Payでの支払い、カメラ、音楽再生といった具合に一台で何役もの役目をはたしてくれるアイテムがiPhoneです。

そんなiPhoneが、突然フリーズしてしまったり、故障してしまったらとっても困りますよね。
人によっては仕事でiPhoneを利用している方もいますので、一刻を争う事態になりかねません。

もしiPhoneが故障してしまったら、修理をしなくてはならないのですが、実はちょっとした不具合は自分で解決できる場合が結構あります。
ですから、まずは自分で試せることを試してみて、それでもだめなら修理に出すというのがおすすめです。

そこで、今回はiPhoneに不具合が起きた場合に自分で対処できる方法をいくつかご紹介します。
もしもの時の為に知っておいて損はありませんので、ぜひご一読ください。

iPhoneに不具合が生じたら

頭を抱える男性

iPhoneがいつもと違う挙動をしたり、動かなくなったりした場合にはまず慌てず冷静になってください。
間違っても昔の家電製品のように叩いたりしてはいけません。
iPhoneは精密機械ですので、とてもデリケートなものです。
叩いたりしたことで本当に故障してしまっては元も子もありませんからね。

まずは再起動してみる

とりあえず、iPhoneがおかしいと思ったら再起動をかけましょう。
パソコンやスマホ、iPhoneなどのちょっとした不具合の多くはこの再起動をかけることで解決する場合が多いです。

iPhoneは、パソコンと違ってみなさんなかなか電源を落とす機会って少なくありませんか?
でも、iPhoneだってパソコンと同じ精密機械ですから、ずっと電源を入れっぱなしにしていれば、いろいろなデータが溜まったりします。また、アプリの中には常に動いているものもありますし、立ち上げたままバックグラウンドで動き続けるアプリもあります。

そうしたいろんなものが蓄積してiPhoneが悲鳴を上げてフリーズしてしまうこともあります。
それを一度リセットするという意味で、再起動をかけてみてください。
それで不具合が解消できれば問題ありません。
ただし、同じようなことがあまりにも頻繁に起こる場合には、一度Apple Storeなどで見てもらった方がよいかもしれません。

電源が切れない時は強制終了

iPhoneが完全にフリーズしてしまって再起動すらできない、という時には強制終了を試します。
強制終了は、「電源ボタン+ホームボタン」を長押しします。
これで強制的にiPhoneを終了できますので、再度iPhoneが立ち上がった時に普通に使えるかチェックしてみてください。
こちらも、再起動と同様に頻繁に強制終了をすることが増えてきたらApple Storeで見てもらった方がよいですね。

iTunesに接続してみる

再起動も強制終了もできない、といった場合の対処法としてiTunesへの接続があります。
もし、パソコンを持っている方はiPhoneをパソコンに繋いでiTunesの「復元」を試してみてください。
これで不具合が解消されることもあります。

充電ケーブルをさす

iPhoneの画面が真っ暗でうんともすんとも言わない。
そんなときは一度充電ケーブルをさしてみましょう。
もしかしたら、バッテリー不足で反応しなくなっている場合もあります。
バッテリー不足だった場合は、充電ケーブルをさして少し時間をおいてから電源を入れてみましょう。
また、バッテリー不足ではなくても充電ケーブルをさすことで動くこともあります。

アプリ単体の不具合

iPhone本体の不具合というよりも、特定のアプリだけがフリーズしたりすぐに落ちたりするという場合には、アプリそのものに不具合が生じている可能性があります。

そういう場合には、アプリを一度アンインストールして下さい。
そして、アンストールが完了したら改めてインストールしてみましょう。
ただし、アプリをアンインストールするとデータが消えてしまうことがありますので、事前に確認してみてください。
また、再インストールしても状況が変わらない場合は、アプリのサポートへ問い合わせたり、ネットでそのアプリの不具合について調べてみると、情報が得られるかもしれません。

SIMカードをさしなおす

iPhoneが正しく反応しなくなった場合には、SIMカードがきちんと認識されていないことが原因の場合もあります。
そのため、一度SIMカードを抜いてさしなおしてみてください。
SImカードはiPhone本体の横にささっています。

詳しい取り出し方はAppleのサポートページにあります。
どうしてもわからない場合には、最寄りのApple Storeやご利用の携帯電話ショップでやってもらいましょう。

電波状況の不具合

iPhoneは普通に操作できるんだけど、なぜか電波だけなくなってしまった、通信ができないという場合は、機内モードを試してみてください。
iPhoneの設定に機内モードのオンオフがあるので、一旦オンにしてみます。
そして少しおいてから今度は機内モードをオフにします。
機内モードをオンにするとiPhoneの通信が遮断され、オンにすると再び通信を開始しますので、iPhoneが電波を拾いに行きます。
もちろんこの場合も再起動を試してみてもいいでしょう。

自己解決できない場合の対処法

お手上げの牛

これまでご紹介したいろいろな対処法を試してみてもiPhoneの不具合を解消できなかった場合には、やはり修理に出すしかありません。
iPhoneを修理に出す方法もいくつかあるのでご紹介します。

携帯キャリアへ問い合わせる

iPhoneを修理に持っていく前に、一度電話で相談してみるという手もあります。
ご利用中の携帯電話会社へ問い合わせて、もしかしたら何らかの解決方法を教えてもらえる可能性もありますので、試してみる価値はあります。

[table “107” not found /]

Appleへ問い合わせる

iPhoneはApple製品なので、Appleに問い合わせるのが一番です。
AppleならiPhoneのさまざまな不具合についての知識を持ったスタッフが対応をしてくれます。
ただし、Apple Careのサポートは一部有料となっているので、Apple Careに加入していない方、期限が切れてしまっている方は無料では利用できない場合があります。

電話:0120-277-535
WEB:Apple サポート

Apple Storeに修理を依頼

Apple Storeには修理窓口もありますが、Appleのスタッフがいるので、その場でもしかしたら解決できるかもしれません。
もし、最寄りにApple Storeがある方は直接持ち込んでみてもよいでしょう。
ただし、Apple Storeの数は少ないので近くにない場合は利用できないことと、Apple Storeは混雑していることが多いので、時間には余裕をもっていきましょう。

[table “108” not found /]

Apple Store以外のお店で修理

ネットや街中でiPhoneの修理店の広告や看板を見かけたことはありませんか?
探してみるとiPhoneの修理店は結構たくさんあります。
画面割れからそのほかの故障までいろいろ対応しています。
しかも、Apple Storeより安くやってくれるところもあったりします。
すぐにでもiPhoneをなんとかしたい、という方には神様のような存在ですね。
急いでいる方や安く修理をしたいという方にはおすすめです。
ただし、こうした非正規店で修理を行ってしまうと、Appleの保証対象外となってしまうことがあるので、利用される場合にはそれを覚悟した上で利用してください。

iPhoneの画面が割れてしまったら

画面が割れたiphone

iPhoneの画面って結構簡単に割れます。
そして割れたまま使っている方ってよくみかけますよね。
でも、割れたまま使っているともっとひどくなってしまったり、最悪の場合には故障してしまうことも。
そうならない為には早めの修理をお勧めします。

https://hikari-hikakku.net/iphone-repairing/

バッテリー交換

電池

長年iPhoneを使っていると、だんだんバッテリーが持たなくなってきませんか?
そういう時、Appleではバッテリーに問題があるかどうか調べてくれます。
調べた結果で、対応方法が変わるようです。
Appleのサポートページには以下の記載がありました。

・お使いの iPhone が AppleCare+ にご加入いただいている場合は、バッテリーの蓄電容量が本来の 80% 未満に劣化した時点でバッテリーを無償交換させていただきます。
・バッテリー交換が必要と診断され、お使いの iPhone が保証対象外の場合、修理サービス料金は 8,800 円となります。
・お使いの iPhone に電源関連の別の問題が見つかった場合は、原因を特定した上であらためて修理料金をお知らせさせていただきます。

もしかしたら無償交換してもらえる可能性があるので、一度チェックしてもらうとよいでしょう。

iPhoneの水没

水没したiphone

万が一iPhoneを水没させてしまったら、まずは電源を切ります。
電源が切れている場合には絶対に電源を入れてはいけません
水分を出す為に本体を振るのもダメです。
電源を切ったらケースなどはすべて外し、SIMカードを抜き出します。
すぐにティッシュを用意して、端子部分の水分をふき取りましょう。
ふき取りが終わったら、本体をティッシュでくるみます。
さらに、ジップロックと乾燥剤を用意してください。
ジップロックに乾燥剤を入れたら、その中にティッシュでくるんだiPhoneを入れて密封します。

この状態で少なくとも4~5日から一週間ほどおいておきます。
そして乾燥したら電源を入れてみましょう。
100%とは言えませんが、これで復活できる可能性は高まります。
復活できたら、とりあえずすぐにバックアップを取ってください。
復活してもその後故障してしまう可能性もありますからね。

修理中の代替機

Apple Storeや携帯電話ショップにiPhoneを修理に出すと、代替機を借りることができます。
データは引き継げなかったとしても、とりあえず電話としては利用できます。
ただし、Apple Store以外だと代替機はiPhoneではなくandroidになる場合が多いでしょう。

iPhoneの保証

iPhoneの保証は購入時についてくる製品保証と、別途料金を支払うことでついてくるAppleCare+ for iPhoneがあります。
購入時の製品保証は購入から1年間となっています。
普通に使用していて故障したものについてはだいたいが無償で修理可能ですが、過失や事故での故障は対象外になります。

AppleCare+ for iPhoneはiPhone購入から30日以内に加入する必要があります。
加入すると保証期間が1年から2年に延長されます。
AppleCareを利用すれば、通常よりも安い価格での修理が可能になるので、心配な方はあらかじめ加入しておいた方がよいかもしれません。

まとめ

以上、iPhoneの不具合に関する対処方法をご紹介しました。
iPhoneに不具合がおきたい場合の基本は「再起動」です。
まずはできることを試してみて、それでもだめなら修理を依頼しましょう。
修理はApple Storeが一番おすすめです。
それ以外のところで修理をするとAppleサポートの対象外になってしまう可能性が高いですからね。
また、iPhoneは精密機械なので、普段から雑に扱わないようにすることが、故障させない為に必要です。
生活にかかせないiPhoneですから、大切に利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました