インターネット光回線11社比較!今選ぶべき回線は?

未分類

フレッツ光東日本(NTT)

フレッツ光ネクスト

月額料金(戸):5,800円
月額料金(集):4,950円
最大速度:1G
カバーエリア:東日本エリア

[table “24” not found /]

インターネットに詳しくない方でも知っているほど有名なサービスであり、インターネット回線利用者の大半が「フレッツ光」だと思います。
東日本?と思った方も多いと思いますが、NTTは東西で会社が別会社で、同じNTTグループ内なのにそれぞれの運営方針を持っています。
とりあえず東と西で別物と覚えておいてください。
回線卸サービス「光コラボレーション」が始まり、フレッツ光も今では影を潜めています。
法人契約であればフレッツ光が良いですが、個人宅のインターネットであれば他回線が良いでしょう。

▼おすすめする人
法人名義での契約

>>フレッツ光お申込みはこちら【個人】

>>フレッツ光お申込みはこちら【法人】

フレッツ光西日本(NTT)

フレッツ光ネクスト

月額料金(戸):4,910円
月額料金(集):3,830円
最大速度:1G
カバーエリア:西日本エリア

[table “25” not found /]

NTT東日本同様、西日本エリアで一番加入者数が多いサービスとなっております。
フレッツ光東日本より料金が安く思えますが、WEB光もっと×2割といって少し複雑な設定です。

早期解約なると、解約違約金が高額になってしまうケースが多く、東西間での利用場所の変更がある方などは注意が必要となります。
ちなみにフレッツ光東日本から西日本への移転は出来ません。

▼おすすめする人
法人名義での契約・西日本のエリア内で契約期間が短い場合

>>フレッツ光お申込みはこちら【個人】

>>フレッツ光お申込みはこちら【法人】

auひかり(KDDI)

ずっとギガ得プラン

月額料金(戸):5,100円
月額料金(集):3,800円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域

[table “26” not found /]

「スマートバリュー」と言うスマホとのセット割りの施策が成功し、auスマホを利用しているとお得になる。右肩上がりに加入者数を伸ばしている光回線となります。
基本的にフレッツ光ユーザーをauひかりに乗り換えしており、電話営業や訪問販売によって料金面、キャッシュバックなどを強く推して契約しているイメージがあります。
ただ、注意しなくてはいけない点があり、NTT回線を利用しているフレッツ光、光コラボのようにエリアがそこまで広くありません。
auひかりを契約した後に引越しがある場合、引越し先で未対応エリアであれば違約金の他に、工事費の残額も請求され数万円になるケースが多いです。

▼おすすめする人
家族でauスマホを利用・持家など引越しがない方

>>auひかりの電話申し込みはこちら

https://hikari-hikakku.net/auhikari-hikaku/

ドコモ光(docomo) – 光コラボ

タイプA

月額料金(戸):5,200円
月額料金(集):4,000円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域

[table “27” not found /]

光コラボレーションモデルが始まるきっかけとなった回線であり、docomoの不調により同じNTTグループが助け船を出した形に見えます。。
不調とはいっても国内で携帯加入者が一番多いので、そのドコモユーザーをドコモ光に引き込もうとしています。
ですが、料金設定を見るとそれほど良心的でもなく、家族全員で利用しなくてはあまり大きなメリットは見込めません。
ドコモと言うブランド力がありますので、それでなんとなく申し込んでしまう方が多いかもしれませんが、料金面もよくチェックしてみないと損をしてしまう可能性があります。

▼おすすめする人
ドコモのスマホを家族4人で利用・ドコモを10年以上継続している

https://hikari-hikakku.net/docomo-sharepack/
ギガスピード

月額料金(戸):5,200円
月額料金(集):3,800円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域

[table “28” not found /]

SoftBankのスマホを利用していれば「スマート値引き」で最大2,000円の割引があります。
ただし、スマート値引きで最高額となる2,000円の割引を適用するにはいろいろと条件があるので、実際に適用されている方は少ないかもしれません。

▼おすすめする人
ソフトバンク携帯を家族4人以上利用

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

OCN光(NTT) – 光コラボ

月額料金(戸):5,100円
月額料金(集):3,600円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域
[table “29” not found /]

NTTグループのNTTコミュニケーションが運営している回線で、光コラボで回線事業をはじめるまではフレッツ光のISP事業社として運営していました。
国内最大手のISP事業者ということもあり、OCN光の加入者数も右肩上がりといったところです。
ただ、NTTグループという大きなブランド力はあるもののキャッシュバックキャンペーンはあまり大々的に行っていないのが現状です。

▼おすすめする人
フレッツ光でOCNを利用・安いインターネット回線を希望

So-net光(ソニー) – 光コラボ

So-net長割

月額料金(戸):4,800円
月額料金(集):3,700円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域

[table “30” not found /]

ソニーグループのソネットが運営している「So-net光」ですが、インターネット回線総まとめで見ても料金・キャッシュバック・評判など安定した回線だと思います。
また、auスマホを利用していると最大1,700円の割引があり、セット割ありきで販売しているドコモ光・ソフトバンク光・auひかりと比較すると、
携帯を他社に乗り換えることが容易だという点が一番のメリットです。
キャッシュバックについてはタイミングなどにも左右されてしまいますが、比較的高いキャンペーンを行っていると言えます。

▼おすすめする人
フレッツ光でSo-netを利用・キャッシュバックを期待している・auスマホを利用

https://hikari-hikakku.net/sonet-check/

U-NEXT光(ユーネクスト) – 光コラボ

ファミリー・マンション1G

月額料金(戸):4,980円
月額料金(集):3,910円
最大速度:1G
カバーエリア:日本全域

[table “31” not found /]

U-NEXT光は皆さんもよくご存じの「USEN」と同じグループの企業です。
そのため、音楽や映像関連サービスが充実しているので、利用したい方にはオススメです。
光コラボ開始時に電話営業などを荒くし過ぎたからなのか、総務省に指導された事がありましたが、その事がきっかけとなったのかカスタマーの評判は相当改善されているようです。
他社と比較してもインターネット料金は安く設定されており、更にキャッシュバックも光コラボ回線の中では最高額を提示している窓口が存在します。

▼おすすめする人
安いインターネット回線を希望・キャッシュバックに期待している

コミュファ光(中部テレコミュニケーション)

ホーム1ギガ・マンションF1ギガ

月額料金(戸):5,519円
月額料金(集):5,519円
最大速度:1G
カバーエリア:中部

[table “32” not found /]

おすすめ度が★2つと辛めの評価をさせてもらいましたが、東海中部地方にお住まいの方にはコミュファ光は本当にオススメできるサービスです。
地域限定のサービスになりますので、対象となる方は限られますがその分回線が混雑しないといったメリットもあります。
申込みする窓口によってはキャッシュバックも実施しているようで、1万円程度なら期待しても良いでしょう。
また、auスマホとのセット割「スマートバリュー」を適用できるので、エリア内に住居があり、かぞっくでauを利用していれば間違いなくおすすめです。

▼おすすめする人
中部エリアに住んでいる・引越しの可能性が低い

https://hikari-hikakku.net/commufa-reputation/

NURO光

光G2V

月額料金(戸):4,743円
月額料金(集):4,743円
最大速度:2G
カバーエリア:東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城

[table “33” not found /]

NURO光は世界最速の2G回線を提供しており、最も速いサービスを提供してくれる事業者の一つです。
2G回線なら、ストレスフリーなインターネット利用ができるでしょう。
ただ、残念なことにサービス提供エリアが関東中心となっており、全国どこでも利用できるという状態ではありません。
対象エリア内であれば是非検討すべき回線で、ほとんどの代理店窓口でキャッシュバックを実施しています。
工事費が高いという点が唯一デメリットですが、長期利用をされる方であれば問題ないでしょう。

▼おすすめする人
2Gの速度を体感したい・安いインターネット回線を希望

>>NURO光の電話申し込みはこちら

https://hikari-hikakku.net/nuro-hikari/

J-COM(ジュピターテレコム)

NET160Mコース

月額料金(戸):6,000円
月額料金(集):6,000円
カバーエリア:北海道・関東・関西・九州

[table “34” not found /]

ご存知かと思いますが、auひかりの運営会社KDDIが2012年に買収しています。
よってJ-COMに申込みしても「スマートバリュー」を適用することができます。
J-COMの料金設定やキャッシュバックはそれほどお得感がありませんが、もしテレビプランを利用される方であれば、オススメできるかもしれません。
「テレビプラン」は合計85チャンネルの有料番組を見放題で利用することができます。
料金は、100Mのネット回戦プラス固定電話がセットになって10,000円です。他社で同様のサービスを申し込むと、これよりも割高になるでしょう。

▼おすすめする人
インターネットより有料テレビチャンネルに拘りがある

まとめ

紹介した11社の比較さえしていれば、概ね国内のインターネット料金については把握できたものと思って良いでしょう。
各回線ごとの特徴を踏まえて申し込みをすれば、お得にインターネットが利用できるはずです。
上記にて、いろいろなインターネット回線の比較を行ってきましたが、それでもまだ決断できないとう方は、当サイトのその他の関連記事も参考にしてみてください。

インターネット回線は、単純に安さだけで選ぶのではなく、それぞれのサービス内容や地域によって違うキャンペーンなど、さまざまな比較をすることが重要となります。

当サイトでは、今後もたくさんのインターネット回線に関する情報を発信していきますので、参考までにご覧いただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました