自宅のWi-Fi環境を整える為の安いおすすめ方法をご紹介します

未分類

家

Wi-Fiを自宅で利用している人の割合は年々増えてきています。
現在は自宅に無線LANがある方は6~7割ともいわれています。
自宅にパソコンがなくても、スマホは持っているという方が多いので、スマホをWi-Fi接続する為に無線LANを用意するという方が多いよういですね。

自宅にWi-Fiがあれば、スマホやパソコン、タブレットなどなんでも接続して使い放題になります。
アプリのダウンロードも、ネット閲覧も、動画再生もいくらやっても速度制限がかかることはありません。

また、最近はHuluやNetflixやU-NEXTのような動画配信サービスも人気があります。
こうしたサービスはスマホやポケットWi-Fiだけではちょっと厳しいものがあるので、やはり光回線が必要になりますね。

ただ、自宅にWi-Fiを導入うしようと思った場合に、いろいろな方法があるのでどれが安くてしっかり使えるものなのかといったところがわかりにくかったりします。
さらに、自宅でWi-Fiを使っているけど回線の速度や安定に不満を感じている方もいらっしゃると思います。
そういう場合には何が原因で、どういう対策をとればよいのかについてもご紹介していきたいと思います。

Wi-Fiの不調の原因

がっくり

すでに自宅にWi-Fi環境があるけど、どうも調子が悪い、途切れる、遅いなど不具合を感じている方は、ここからご紹介する方法を試してみたり、確認をしてみてください。

再起動や再接続

パソコン、スマホ、タブレットをWi-Fiに接続していてつながらなくなったり、動きがおかしい場合にはまずは本体のWi-Fiをオフにしてみましょう。
完全にWi-Fi接続が切れたら、改めてWi-Fiをオンにします。
繋ぎなおすことで状態が改善する場合があるからですね。

それでもだめなら、パソコンやスマホやタブレットの本体を再起動しましょう。
特にパソコンは、本体の動作不具合やキャッシュが溜まって動きが鈍くなってしまったなどの症状も、再起動で改善されることが多いです。
再起動後は、Wi-Fiにきちんと接続されているか確認してみてください。

まれに、自宅のWi-Fiではなく近所の別のWi-Fiであったり、フリーWi-Fiの電波が近くまで飛んできていて、そちらに誤って接続されてしまっている場合もあります。
ですから、必ず接続しているWi-Fiが自分のものかどうかをチェックしましょう。

無線ルーター

Wi-Fi電波を飛ばすには無線ルーターが必要です。
ただ、この無線ルーターはなんでもよいということではありません
無線ルーターにもそれぞれスペックがありますので、使っているルーターが古かったり、スペックが極端に低い場合には、買い替えを検討してみてもいいかもしれません。

無線ルーターを利用している環境によっても、選ぶべきルーターは変わってきます。
ワンルームや1LDKのマンション程度ならそれほど問題ないかもしれませんが、もっと広い部屋や2階建てや3階建ての戸建てにお住まいの場合は、無線ルーターを置いている場所と、Wi-Fiを利用する場所が離れる場合があると思います。

Wi-Fiの電波は飛ばせる距離がルーターにスペックにもよりますが、何も障害物がなければ100メートルくらい届くらしいです。
しかし、自宅にはドアや壁、床、天井など様々な障害物がありますよね。
Wi-Fiは障害物があるとどんどん弱くなりますので、例えば3階建ての戸建てで1階にルーターを置いてあった場合、3階の部屋には届かないこともあります。

このような場合は、無線ルーターの電波が強いものを使います。
強力なWi-Fiを発信することができるルーターなら3階建ての建物でもしっかり電波が届くと思います。
ただし、建物の構造や材質によってはどうしてもWi-Fiが弱くなってしまうことはあります。

無線ルーターも再起動してみる

無線ルーターのすぐ近くでWi-Fiを利用していてもいまいち調子が悪いという場合には、無線ルーター本体を再起動してみるのもありです。
無線ルーターの再起動方法は機種にもよりますが、たいていは一旦電源をオフにして、数分経過してから再度電源を入れると再起動がかかります。

回線の混雑

普段はなんのストレスもなくネットが利用できているのに、決まった時間帯や曜日だけ遅くなったり途切れるといった症状が出る場合があります。
特にこれはフレッツ光の利用者に多いようです。

この原因は、同じタイミングで同じ回線を利用している方が集中してしまって、回線が混雑しているからという事が多いです。
フレッツ光は最近サービス提供を開始した光回線とは異なり、昔からある回線で全国エリア対応していますので、非常に利用者が多いです。
ですから、どうしても同じ時間帯などに利用者が集中してしまうことがあります。

フレッツ光以外の回線なら絶対に混雑しないとはいえませんが、こういう場合にはフレッツ光以外の回線を利用するというのもひとつの方法です。
また、回線によっては使えるところと使えないところがありますが、「V6」という方式を利用すれば、こうした回線混雑による遅延を回避することもできます。

そもそも回線が遅い

自宅のWi-Fiがどうこうの前に、そもそも回線が遅いと話になりません。
最近の光回線は基本的に最大1Gbpsですが、ケーブルテレビなどの回線だと100Mbpsだったりすることもあります。
ADSLだと50Mbpsという事もあります。
さすがにこれでさらに無線ルーターを通してWi-Fiを利用するとなれば、さらに速度は落ちてしまいますので快適に利用できる環境とはいえません。

価格を比べても、ケーブルテレビやADSLは光回線とそれほど差はありませんし、光コラボでスマホ割を利用すれば場合によっては光回線の方が安くなることもあります。
快適に自宅でWi-Fiを利用するのなら、光回線を選ぶことをお勧めします。

パソコン本体のスペック

いくらWi-Fi環境が整っていても、パソコン本体のスペックが低かったり、古すぎるパソコンだと動作が鈍くなってしまって、速度が遅いと感じてしまうことがあります。
可能であれば、普段使っているものとは別のパソコンなどをWi-Fiに接続してみて、本当にWi-Fiに問題があるのか、それともパソコンの方に問題があるのかを見極めてみましょう。

Wi-Fiを使うなら光回線がいい

スマホでWi-Fiを使う

自宅でWi-Fiを使いたいなら、光回線が一番です。
自宅でわざわざWi-Fiを使うということは、それなりに速度を要求される使い方をするか、スマホの速度制限回避の為という理由が多いと思います。

速度なら光回線が一番ですし、スマホを接続する為ということなら、使っているスマホと同じ事業者の光コラボを利用すれば毎月のスマホ料金が割引になるので、結果的に月々の通信費は安くなります。

安くてよい回線はたくさんある

光コラボは、フレッツ光に比べると後発組なのでそのスペックやサポートに不安があるという声もあります。
しかし、ドコモやauやソフトバンクほどの会社が提供しているサービスですから、その点は信頼していいと思います。

良くネットで光コラボに変えたら遅くなったとか、対応が悪いなんていう評判を目にしますが、本当にそれが光コラボのせいかというと微妙なところでもあります。
また、フレッツ光ならそういったことが絶対にないかと言われれば、そんなことはありませんからね。

フレッツ光にメリットは感じられない

フレッツ光が悪いと言っているのではありません。
ただ、今は光コラボの方がお得なんです。
しかも光コラボはフレッツ回線の設備を利用していますので、同じものを使っていて安いものがあるのなら、安い方を選択するのは当然といったところではないでしょうか。

フレッツ光は、ネット回線料金+プロバイダー料金が必要になりますが、光コラボはプロバイダー料金込みです。
契約が複雑になることもありませんし、さらにスマホ料金の割引もあるのですから、それなら光コラボを使った方がいいという事です。

光コラボがおすすめ

ここまで散々推してきた光コラボですが、なぜかといえばやっぱり料金面です。

・プロバイダー料金込みである
・スマホ料金に割引が入る
・キャッシュバックがある

こうした点を考えれば、光コラボを選ぶべきと考えるのが普通だと思います。
auやソフトバンクのスマホ割引は、家族でauやソフトバンクを利用している人がいれば、同じように割引が入るので、多ければ多いほど得になります。

あとは、フレッツ光を利用していた場合、なにか不具合があるとNTTやプロバイダーへ問い合わせて対応をしないといけません。
でも、光コラボの場合は契約が一本化されていますから窓口も一つですし、最悪電話などで分からなければ最寄りの携帯ショップへ行って聞くこともできます。

光コラボやフレッツ光を比較

実際に光コラボとフレッツ光を比較してみます。

[table “141” not found /]

見たところフレッツ光が安く思えますが、プロバイダー料金を含めると3.450円になります。
プロバイダーを高いものにしてしまうとさらに高くなります。
あとはスマホ割引もないですし、キャッシュバックもありません。
ソフトバンクならおうち割光セット、auならauスマートバリューを利用すればフレッツ光よりもお得になりますね。

スマホ割引が使える回線

スマホ割引が使える回線は以下となります。

[table “142” not found /]

auとソフトバンクは、別のサービスでも割引が適用できるものが多いですね。

速さならNURO光が一番

なによりも回線の速さを求めるのなら、NURO光です。
なぜかというと、どの回線も最大1Gbpsなのに対し、NURO光は最大2Gbpsという2倍の速度が出るからです。
しかもソフトバンクのおうち割光セットが適用可能です。
ただ唯一残念なのは、関東エリア限定のサービスというところですね。

https://hikari-hikakku.net/nuro-hikari/

>>NURO光の電話申し込みはこちら

独自回線のコミュファ光もおすすめ

コミュファ光は東海エリア限定のサービスです。
またコミュファ光は光コラボのようにフレッツ回線設備を利用しているのではなく、独自の回線を利用しています。

そんなよくわからないところの独自回線って大丈夫?
と疑問を抱かれるかもしれませんが、それは心配ありません。
なぜなら、コミュファ光を運営している中部テレコミュニケーション株式会社は、KDDI株式会社の傘下で中部電力系列なんです。
ですから、コミュファ光は安心して利用できる光回線なんですね。
フレッツ回線を使ってないことで、フレッツの混雑の影響を受けないことと、高額なキャッシュバックが魅力でもあります。

https://hikari-hikakku.net/commufa-reputation/#i-3

お金のことを考えたらソフトバンク光がおいしい

コミュファ光は55,000円という高額キャッシュバックがとても魅力的ですが、残念ながら東海エリアのみのサービス提供です。
ですから、それ以外のエリアにお住まいの方は利用できません。
となると、全国的に利用できてお得なのはソフトバンク光です。
毎月最大2,000円のスマホ割引に加えて最大30,000円の還元はかなりおいしいですよね。

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

まとめ

以上が、自宅でWi-Fiを使う上での回線選びの方法や、Wi-Fiの不調をなおす為の方法でした。

せっかく自宅にWi-Fi環境を整えるなら、ストレスなく快適に利用できる方がいいですよね。
そのためには

・電波の強い無線ルーター
・速度が速い光回線

この二つが欠かせません。
スマホを持っている方は、光コラボでスマホ料金の割引を利用してお得にWi-Fi環境を整えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました