まだ固定電話で消耗してるの?今すぐできる節約術はこちら

節約術

固定電話は必要?

今はほとんどの方が携帯電話やスマホを一台持っています。
昔のように固定電話がないと困ることはほぼなく、携帯やスマホがあれば十分という時代になりました。
特に若い方は、固定電話を持つという概念をあまり持っていない方が多いでしょう。
子供にも安全のためにスマホを持たせる方が増えており、学校の連絡網にも連絡のつきやすい携帯電話の番号を書くお母さんが増えているそうです。

しかし、だからと言って固定電話が全く必要とされていないわけではありません。
会社や企業などはやはり固定電話があった方がよい、というよりもあるのが当たり前という風潮があります。
また、商売をしている方はお店にはひとつ固定回線があった方がいろいろと都合がいいです。
一般家庭にも固定電話を置かないところが増えています。
実際、親子でスマホを持っていれば問題ないといえばないんですが…
でも、実は固定電話がないと困ることもあります。

固定電話がないと困ること

自宅に固定電話がないと困るパターンをいくつかご紹介します。

自営業の信用性

自営業をやっている方で、取引をする場合や融資を受ける場合など、固定電話があった方が信用性が高まります。
携帯電話のみでも問題はありませんが、依然として固定電話に対する信用度は高いんですね。

ローンの審査

住宅を購入する場合や、住宅ローンを組む場合には固定電話があった方がよいです。
保証会社によりますが、固定電話の記載を必須とするところもあるようです。
ですから、最悪固定電話がないと申し込みができない場合があります。

キャッシングをする場合

キャッシングの審査申し込みをする時は、基本的に連絡が取れる連絡先だけでいいので、携帯番号だけでもいいのですが、固定電話があった方がより信用性が高まりますので、審査通過しやすくなる場合があります。

FAXが使えない

FAXを使う方も今は少なくなったと思いますが、商売をしている方などはFAXを利用する機会があると思いますので、固定回線がなくなるとFAXが利用できません。

災害時

東日本大震災のような大きな災害が起きた際には、携帯電話はほぼ不通となってしまいます。
しかし、固定電話はつながる場合があります。
携帯電話の利用者が多すぎる為、携帯回線はすぐにパンクしてしまいますが、固定回線やphsはそうでもないようです。

固定電話がないと困ることはいろいろありますが、だからといって必ず必要ということではありませんので、無理にこれから固定電話を用意する必要はないでしょう。
しかし、現在固定電話を利用している方は、節約のためといって急に解約すると不便な場合がありますので、本当に解約して問題ないかどうかはよく考えてから実行する必要があります。
そして、解約しないで利用し続けるのであれば、できるだけ料金は節約したいですよね。
そこで、固定電話を安く利用する為の節約方法をピックアップしてご紹介します。

NTT回線

もっとも一般的な固定電話回線といえばNTTのアナログ回線です。
昔に比べればその費用も安くなりましたが、それでも基本料金と通話料、そして初期費用がかかるのでそれなりの負担があります。

[table “38” not found /]

まず初期費用が高いですね。
そして、毎月使っていなくても基本料金が1,450円かかります。
通話料金も3分8.5円は最低料金なので、距離が遠くなるほど高くなります。
60kmを超えた場合には、90秒で20円(税抜)の通話料がかかります。
ただし、これは固定電話にかけた場合の話なので、固定電話から携帯電話にかけるとまた料金がかわってきます。

[table “39” not found /]

ドコモだけ若干安いのは、やはり同じNTTだからなのでしょう。
実際に携帯電話にかけると通話料がかさみますし、だからといって使っていないと基本料金だけ取られてしまってそれはそれで無駄ですよね。
そう考えると、NTT回線ってとっても微妙に思えてきます。

マイライン

マイラインは電話会社を選択できるサービスです。
NTTを利用して電話を掛ける場合には、普通に相手の電話番号にかけるだけですが、NTT以外の電話会社を使って電話する場合には、頭に「0077」といった番号を押してからかけなくてはなりません。
しかし、マイラインならそういう面倒なことをしなくても、指定した電話会社を利用して電話を掛けることができるサービスです。
電話会社を選択できるメリットは、通話料金を安くできるという点にあります。
ただし、マイラインやマイラインプラスを利用するには、別途800円の登録料が必要です。
また、マイラインを利用している場合でも、基本料金はNTTへ支払うことになります。
そう考えると、あまり固定電話から電話をかけない方にとってはメリットのないサービスです。

おとくライン

おとくラインはソフトバンクが提供しているサービスです。
NTTよりも安い基本料金と通話料で固定電話を提供してくれます。

[table “40” not found /]

通話料は同一県内なら8.5円~ですが、県外だと20円~となり、携帯電話あての場合は全国一律で1分25円となります。
確かに料金は安くなりますが、やはり利用頻度が少ないと基本料金が毎月かかってしまうので微妙なところです。

転送電話

転送電話は、自宅に固定電話を引くわけではありません。
固定電話の番号のみ取得して、実際にかかってくる電話は携帯電話へ転送される仕組みです。
回線を引かなくていいので、初期費用などが抑えられます。
よって、手軽に固定電話番号を利用できるというメリットがありますが、その分やや料金が高いのが難点です。
また、転送されてきた通話料金もこちらで負担しなくてはならないので、たくさん電話がかかってくるとその分負担が大きくなります。

[table “41” not found /]

ひかり電話

男性
現在固定電話を利用している方にもっともおすすめなのが、このひかり電話です。
ひかり電話はNTTの固定回線のようなアナログではなく光デジタル回線を利用して通話します。
そのため、電話回線も自宅の壁に直接つなぐのではなく、モデムを通してつなぐ形になります。
アナログとデジタルの大きな違いは、通話品質にあります。
やはりデジタルの方がノイズも少なく通話しやすいイメージがあります。
もちろん料金面もメリットがあります。

[table “42” not found /]

このように、基本料金が500円と安いので、頻繁に固定電話を使わないという方でもあまり負担が大きくなりません。
通話料も安いのでひかり電話が一番です。

ただし、このひかり電話を利用するには自宅にインターネット光回線を引いていなくては利用ができません。
もし、現在インターネット光回線を利用している場合には、すぐにでもひかり電話をオプションとして申し込むことをお勧めします。
インターネット光回線を引いていない場合ですが、スマホを持っている場合にはインターネット光回線を利用することで割引が適用されるので、お得に利用開始することができます。

光コラボで安くなる

スマートフォン
携帯大手三社のドコモ、au、ソフトバンクはそれぞれ光コラボサービスを提供しています。
光コラボサービスとは、要するにインターネット光回線サービスなんですが、これまでのようにフレッツ光ではなく、携帯電話会社と直接契約して利用ができます。
このメリットは、スマホを使っている会社の光コラボサービスを契約すると、毎月のスマホ料金が割引になるという点です。
ですから、スマホ+インターネット+ひかり電話のセットで利用すれば、現在とそれほど変わりないか、場合によっては今より毎月の負担額が減ることもあり得るんです。

光コラボの回線ですが、使うのはフレッツ光と同じデジタル回線になりますので、光コラボの方が速度が遅いとかそういった心配は一切ありません。
むしろ、エリアによってはフレッツ光のユーザーが多すぎるので、光コラボにした方が速度が速く快適になったという声もあるくらいです。

また、契約が一本化できるのもメリットの一つです。
これまでは、NTTとプロバイダーという2つの契約先が必要でした。
しかし、光コラボの場合は1つの契約先だけでオッケーです。
例えばソフトバンク光なら、プロバイダー料金込みなのでネット料金はまとめてソフトバンクに支払うだけです。
スマホも使っていらなら、それもソフトバンクが支払い先になるので、問い合わせなどもすべてソフトバンクということで、とても簡略化されます。

キャッシュバックキャンペーンを使うともっとお得

インターネット光回線は、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることがあります。
さらに初期費用も無料になれば、アナログ回線を利用しているのに比べて圧倒的にお得になります。
もしこれから新規加入する場合にはこうしたキャンペーンをぜひ利用して加入しましょう。

スマホ割ができるおすすめ回線

では、実際にスマホとセットで利用してお得になる回線の詳細をご紹介します。

ドコモ光

ドコモユーザならドコモ光です。
ドコモ光はdポイント10,000円分のキャッシュバックが魅力ですね。
また、家族でドコモを利用している場合はシェアパックにすることで割引額がぐんと上がります。
そしてさらに、ずっとドコモ割も適用させれば最大割引額は5,200円まで跳ね上がります。

[table “43” not found /]
https://hikari-hikakku.net/docomo-sharepack/

auひかり

auユーザーにおすすめのauひかり。
なんといっても注目すべきはauスマートバリューですね。
最大で毎月2,000円の割引が2年間、それを家族のauユーザーにも適用させることができるので、家族にauを使っている方がいればそれだけどんどんお得になります。

[table “44” not found /]
https://hikari-hikakku.net/auhikari-hikaku/

>>auひかりの電話申し込みはこちら

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー向けのソフトバンク光も、auひかり同様に、最大2,000円の割引が家族にも適用できます。
また、30,000円相当のキャッシュバックも魅力的ですね。

[table “45” not found /]
https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

まとめ

現在、NTTの固定電話を利用している方は、ほかにもっと安く利用できるサービスがいくつかあります。
もし、スマホを利用しているのであれば、光コラボサービスを利用することでインターネットも含めてお得に利用できるので、利用している携帯電話会社のサービスに申し込むのが一番ですね。

タイトルとURLをコピーしました