ドコモユーザー必見!ドコモ光の割引とシェアパックで得する方法

未分類

スマホ
今や一人一台持っていることが当たり前になりつつあるスマホ。
大手三社のドコモ、ソフトバンク、auをはじめとして近年は格安SIMを売りとするMVNOの進出によって、価格競争などが激化しましたね。
しかし、それでも毎月のスマホ料金はガラケーの時代に比べるとまだまだ高い印象があります。

でも、だからといって今更スマホを手放すこともできないのが現状ですから、それなら少しでもスマホ料金を安く抑えるコツをつかんで上手に付き合っていくしかありません。

そこでまず毎月のスマホ料金の内訳を見てみると、その半分以上が通話料ではなくパケット料金となっていることがわかります。
まあ今はLineのような無料通話アプリもありますし、若い方は特に通話よりもLineで会話をすることの方が多いので、通話料が安いのは納得です。

しかし問題はパケット料金です。
スマホを持っているとLineやFacebook、TwitterをはじめとしたSNSの利用やインターネット検索、ニュースアプリの閲覧、そして最も容量を食うのがYouTubeなどの動画閲覧です。
動画を閲覧するとすぐに容量いっぱいまで到達してしまって、速度制限をかけられてしまった経験がある方は少なくないと思います。
だからといって契約プランの上限を上げてしまうと毎月の料金が跳ね上がってしまうので辛いですよね。

そんな場合に、シェアパックを利用するとかなり楽になるんです。

では、具体的にシェアパックについて見ていきましょう。



シェアパックをオススメする訳

ドコモの料金プランには、シェアパックというものがあります。

まずはこのシェアパックの料金を見てみましょう。

[table “12” not found /]

シェアパックとは、毎月利用できるギガ数を家族でシェアするという仕組みです。
通常は5GBなど決まった容量を一ヶ月の中で使うことができて、それを超えてしまった場合には、追加料金を支払って容量を追加するか、速度制限をかけられて通信速度が遅いまま過ごすということになります。

一方シェアパックはというと、こちらも上限がありますので、超えてしまうと速度制限がかけられてしまいます。
しかし、上限というのが一人あたりで決められているものではなく、家族全員での上限という形になります。

これにより、あまり使わない人はあまりを家族へ、たくさん使う人は使わない人の分を使うといったことが可能になるのです。

家族で分け合えることが1台よりシェアパックにするメリット

家族
シェアパックを最大限に有効活用するには、家族全員で利用することが大切です。
実際に利用した場合のイメージはこのような感じです。

【家族3人で15GBのシェアパックを利用した場合】

・お父さんは普段あまりスマホを使わないので2GB程度

・お母さんはお父さんよりは使っていて大体4GB程度

・私は家族で一番スマホを使っているので9GB程度

このように、家族でそれぞれ利用するギガ数に偏りがあっても、シェアパックなら上手に分け合うことで追加料金などは発生しませんし、それによって速度制限がかかるということも避けられます。

「それなら、お父さんはもっと安いプランにした方がいいんじゃないの?」

という疑問が湧いてくるかもしれませんが、実はそれは違うんです。

一人で利用していた場合

データSパック(小容量)(2GB):3,500円
データMパック(標準)(5GB):5,000円

家族でシェアパックにした場合

シェアパック15(標準)(15GB):12,500円

つまり、仮にお父さんがデータSパックにしたと仮定すると

データMパック+データMパック+データSパック=13,500円

となってしまいます。
シェアパックは3人で12,500円なのですでに料金が上回ってしまいます。
しかも、「私」は5GBまでしか利用できません。
それなら、シェアパックにすれば料金も安くなりますし、誰か多く容量を使っても問題ないのでシェアパックの方がオススメということになるんですね。

余った容量(GB)は繰り越しできるの?

ドコモのシェアパックは、使い切れなかった場合には翌月に繰り越すことが可能です。
通常のプランでも繰り越しができますが、シェアパックでも繰り越しができるのは嬉しいですね。

もし、15GBのプランを契約していて、今月は家族合計10GBしか使わなかった場合、来月は家族全員で合計20GBまで使えるということになります。
これなら余った分もしっかり使い切ることができます。
ただし、繰り越しができるのは翌月までなので、今月余った分は来月使わなければ消滅してしまいますので気を付けましょう。
もし、数ヶ月利用してみて毎月繰り越しが発生してしまうようなら、契約プランを見直すことも検討すべきかもしれません。

シェアパックでも容量を超えたら追加料金は?

シェアパックを利用していても、時には契約プランの容量を超えてしまう場合があります。
そういう場合には、速度制限がかかったまま我慢するか、あるいは追加料金を支払って容量を増やす方法もあります。

追加料金は1GB1,000円となっており、もし追加したけど使い切れなかった場合には、翌月に繰り越すことができます。

もし、速度制限のままでは厳しい場合には、容量の追加を検討してもいいかもしれませんね。
ただし、あまり頻繁に追加を行うような場合には、割高になってしまうので、元々のプランを変更した方がいいかもしれません。

やっぱり容量が多い場合はプラン変更

すでにシェアパックを利用していて、毎月繰り越しが発生する場合や、逆に毎月追加料金を支払って容量をアップしている場合などは、プラン変更を検討しましょう。

特に追加料金については、1GB1,000円と割高になっているので、そちらを利用するくらいなら、基本プランの容量をアップしてしまった方がいいですね。

シェアパックの解約について

一人で利用するよりも、家族で分け合った方がお得に利用出来るシェアパックですが、場合によってはシェアパックにした方が損をすることももちろんあります。

それは、家族全員でそれほどパケット量を使用しない場合です。
そういう場合にはさすがにシェアパックは無駄になってしまうので、契約しているなら解約してもいいと思います。

ただし、注意しなくてはならないのが、子回線を利用している場合です。

シェアパックを利用していると、500円のオプション料金で子回線を追加することができます。
子回線が利用するのは親回線のパケット通信料になるので、それ以外に追加料金は発生しませんが、もしこの親回線そのものを解約してしまうと、子回線がそれぞれ個別の契約に移行してしまいます。
すると、500円のオプション料金だったものがデータMパックの5,000円になってしまうんですね。

もし子回線がたくさんあるとそれだけ大きな金額になってしまうので、解約する際はあらかじめ子回線の状況なども調べておきましょう。

ドコモ光で割引を!

家族で加入してパケット量を分け合うことでお得になるシェアパックですが、自宅のインターネット回線をドコモ光にすると、さらに毎月の料金が割引になるのを知っていますか?

では、ドコモ光の割引でシェアパックがどれくらいになるか見てみましょう。

[table “13” not found /]

※戸建てタイプの場合です。

割引額は、加入しているプランによって異なり、容量の大きなプランで契約をしているほど金額も大きくなります。
スマホを家族でドコモに揃えて、自宅のインターネット回線もドコモにまとめるだけで、これだけお大幅な割引が適用になるのはかなり大きいですよね。

シェアパックとドコモ光の併用でどれくらい安くなるか

例えば3人家族だった場合に、シェアパックとドコモ光の加入でどれくらいの金額になるかシミュレーションしてみましょう。

[table “14” not found /]

普通に一人ひとりがバラバラで5GBの契約をした時と、シェアパック&ドコモ光割を適用した場合では、4,300円もの差額が生じることがわかります。

フレッツ光と比較してみると

光コラボのドコモ光を利用するのと、フレッツ光を利用するのとではどれくらいの違いがあるでしょうか。

[table “15” not found /]

※戸建てタイプの場合です。

ドコモ光とフレッツ光の違いの一つに、プロバイダーの選択があります。
フレッツ光はどこのプロバイダーでも選ぶことができますが、ドコモ光の場合には指定されているプロバイダーの中から選択することとなります。
また、プロバイダー料金はドコモ光は料金込みとなりますが、フレッツ光の場合はプロバイダーごとに料金が異なります。

まず、このプロバイダー料金込みの金額を比較しただけでも、ドコモ光の方が割安であることがわかります。
さらに、ドコモのスマホを利用していれば毎月のスマホ料金が割引になるので、トータルで通信費用を抑えることが可能です。

その他、ドコモ光なら加入時の工事費用が無料になったり、コンピニや機種変更の時に使えるdポイント10,000円分がもらえるキャンペーンもあるので、さらにお得になる場合があります。

ドコモ光の評判は?

疑問

ドコモ光の料金

ドコモ光には、2つの料金タイプがあります。
この2つの違いは、選択することができるプロバイダーの違いです。
普通にインターネットを利用するだけなら、料金の安いタイプAで問題ありません。
特に料金が安いからといって速度が遅いなどということもないので安心して利用できます。

[table “16” not found /]

※戸建てタイプの場合です。

初期費用や工事費は?

通常、インターネット回線を新規契約したりすると、初期費用や工事費用が発生します。
業者によってはこれを2〜3年の分割にして実質無料と言っているところもありますが、ドコモ光はキャンペーン中であれば、工事費が無料になります。
ですから、必要となるのは事務手数料の3,000円のみということになりますので、負担は少ないと言えますね。
なお、今までフレッツ光を利用していた方の場合は、フレッツ光からの転用となる為、工事不要なので工事費がそもそもかかりません。

キャンペーンが熱い!

ドコモ光をオススメするポイントとしては、工事費無料はもちろんですが、それ以外にdポイントが10,000円分もらえるのが大きいですね。
dポイントはドコモでの機種変更や修理などにも使えますが、それ以外にもローソンやマクドナルド、タワーレコードやサンマルクでも使うことができます。
ポイント付与ではありますが、実質キャッシュバックと捉えられますので、このキャンペーンはおおきいと思います。

まとめ

毎月の通信量を抑えるには、Wi-Fiの利用が欠かせません。
ドコモのスマホを利用しているなら、ドコモ光にしてスマホ料金も割引してもらうのがもっともお得と言えるでしょう。
また、家族全員でスマホを持っている場合には、ドコモにまとめてシェアパックを利用すれば、外出先でも余裕を持って通信をおこなうことができますね。

タイトルとURLをコピーしました