一番安いインターネット回線を見つける為に比較した10回線はこちら

未分類

「新生活を迎えるにあたってネットを使いたい!」
「更新のタイミングや、引っ越しのタイミングで安いサービスに入りなおしたい!」

そういった理由から、より安いインターネット回線を調べますが、最近は色々なサービスが増えて比較するのが大変だったりしますよね。
実際に調べてみて専門的内容が多かったり、根本的にどのような光回線があるのかもよく分からない。
でも、やっぱり長く使い続けたいものだから少しでも安いところを選びたいと、考えている人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなあなたが後から「こっちに入れば良かった。」「もっと調べれば良かった。」「知らなかった。」と後悔することのないように、本当にお得な・安いインターネット回線をランキング形式でご紹介したいと思います。
ご契約を検討されている方は特に、参考にして見て下さい。

比較する際に必ず見るべき4つの注目点

ランキングの紹介前に、本当に安いインターネット回線を比較するためのポイントが4つあるので紹介します。
まず、ほとんどの方は毎月のネット料金だけで比較しがちなのですが、一部の光回線では工事費が別途でかかることもあるので逆に高くなってしまう場合もあるんですね。
また、光回線と言えばキャッシュバックを忘れてはいけません。月々の料金が同じでも、キャッシュバックを含めて計算するとかなりお得になるサービスもあります。
さらに現在は光回線とスマホをセットにする割引があるので、それらの要素も含めて比較すると、あなたの環境で一番やすくなるサービスを見つけることができます。

  • ネット料金
  • 工事費
  • キャッシュバック
  • スマホとセットでの割引

ここでは月額料金だけの比較ランキングではなく、上記の4つのポイントを合わせた「本当に安いインターネット回線」をランキングにしています。

さらに「スマホとセットにした場合の料金」も補足しますので、是非あなたにとって一番安いベストな光回線を見つける参考にしてみてください!!

1位 auひかり

[table “53” not found /]

月額料金は5,100円で毎年100円ずつ下がっていくのが特徴です。
工事費もキャンペーンで無料となっており、利用環境、回線速度に定評があり口コミ(評判)がとても良いので、auユーザー以外の人にもお得な回線です。

auスマホもセットで割引適用になります

家族内で合計10台までのauスマホに割引が適用されます。割引額はそれぞれのデータ定額の容量によって変わります。
1・2GB:500円  5・20GB:1,410円  30GB:2,000円
※ 例)5GBで契約しているスマホが1台でもあれば1,410円。3台あったら家族合わせて4,230円というかなり大きな割引になります。

https://hikari-hikakku.net/au-hikari-hyouban/

>>auひかりの電話申し込みはこちら

2位 eo光(近畿限定)

[table “61” not found /]

eo光は地域限定の光回線{近畿+福井県(京都・大阪・兵庫・滋賀・滋賀・奈良・和歌山・福井)}。
キャッシュバックは高い金額ではありませんが、月々の料金が安く、プラス初めの1年間は2,000円引きで使えるという料金プラン。
実質負担の金額で比べてみると、2番目にお得なプランであることがわかりました。

近畿はauひかり提供地域ではありますが、auひかりの未提供地域の方にはeo光がオススメです。

https://hikari-hikakku.net/eo-hikari/

3位 NURO光(関東限定)

[table “62” not found /]

NURO光はSo-netが提供している関東限定の光回線です。
元の料金も安くキャッシュバックも高額なのが注目ポイント。
そして、ソフトバンクのスマホがあればセット割がきくのでソフトバンクユーザーは特に最高にお得です。(関東以外の地方の方で、ソフトバンクを利用されている場合は、ソフトバンク光の方がオススメです)
関東のソフトバンクユーザーなら、NURO光がオススメ!

ソフトバンクのスマホがデータ定額の容量によって10台まで入ります。
1・2GB:500円  5・20GB:1,522円 30GB:2,000円
5GB以上の契約をしていれば1,522円の割引。
実質負担と合わせれば2年間は1,971円で使える計算になりますので、
ソフトバンクのスマホが1台でもつかっていればauひかりより断然お得。

https://hikari-hikakku.net/nuro-hikari/

>>NURO光の電話申し込みはこちら

4位 コミュファ光(東海限定)

[table “63” not found /]

コミュファ光は東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)限定の光回線。
ネット料金も多くキャッシュバック共に人気回線です。
最大の特徴はとしては速度が自分で着られる事。
1Gも不要であれば300Mで十分ですし、メールのチェックやインターネットの閲覧程度しか利用しないという方なら30Mにすると、さらに料金が抑えられます。

https://hikari-hikakku.net/commufa-hikari/

5位 ソフトバンク光

[table “52” not found /]

ソフトバンク光は全国ほぼ全地域出申し込みが出来ます。
スマホを利用していればセット割でさらに安くなりますので、関東エリア以外のソフトバンクユーザーならソフトバンク光で決まりです。
ソフトバンクのスマホを一台でも使っていればお得。
ソフトバンクのスマホがデータ定額の容量によって割引額が変わります。

1・2GB500円 5・20GB:1,522円 30GB:2,000円
5GB以上の契約をしていれば1,522円の割引。
実質負担金から差し引いた場合、2年間は2,678円で利用できることになりますので、auひかりよりもお得と言えます。

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

6位 ドコモ光

[table “54” not found /]

ドコモの光回線は他社と比べるとキャッシュバックが少なめ。
さらに現金の代わりにdポイントで還元されます。(dポイント会員登録が必要)
大容量のシェアパック50GB以上を選択するならドコモ光が最もお得!
ドコモのスマホ割は「シェアパックに入っているか」と「パケット量」によって割引額が変わります。

[table “47” not found /]

シェアパック50GBに入っている場合は毎月2,500円もの割引。実質負担金から差し引くと毎月「2,283円」となりますので、ドコモ光が最もお得となります。
ただしそれ以外の場合は割引額、キャッシュバックともに少なく、ドコモ利用者でも50,000円のキャッシュバックが付いてくるauひかりの方がお得という計算になります。

https://hikari-hikakku.net/docomo-hikari/

7位 So-net光

[table “64” not found /]

プロバイダーSo-netの光回線です。今なら10,000円のキャッシュバックが貰えます。
auスマホがあれば割引
auのスマホを1台利用中なら1,200円の割引が適用されます。auスマホを複数持っていてもキャッシュバック金額に変動はないので、auひかりの方がお得な計算になります。

https://hikari-hikakku.net/sonet-check/

8位 OCN光

[table “65” not found /]

加入者NO.1のプロバイダー「OCN」が提供している光回線。初めの1年間はネット料金が割引料金で使えます。工事費が負担となるので注意!
OCNモバイルのセット割
格安スマホの「OCNモバイル」1契約につき200円の割引が入ります。割引は5台まで適用になりますが、最大で1,000円割引なので、それであればauひかりのキャッシュバックを受けた方が良いですね。

9位 ケーブルテレビ

[table “66” not found /]

各ケーブルテレビ会社のサービスを利用することでネットも利用可能になりますが、
割高であることが多く、利用者はそれほど多くありません。
また、ケーブルテレビはあくまでテレビ主体のサービスなので、インターネットの速度がそれほどでなかったりと、ネット利用を中心に考えた場合にはあまりオススメできません。

10位 フレッツ光

[table “67” not found /]

フレッツ光は加入者も多く最も有名な回線の一つですが、近年多くの参入があったため、現在はあまりキャンペーンを積極的に行っていません。料金は光コラボでスマホ割引を適用した方が安くなりますが、NTTのサービスという信頼感と、すでにフレッツ光が導入されているマンションなら簡単に導入できるというメリットがあります。

https://hikari-hikakku.net/flets-hikari/

まとめ

以上、「あなたが使うと一番お得な光回線の見つけ方」と「ランキング」をご案内いたしました。
それぞれメリットはありますが、キャッシュバックなどのキャンペーンを含めて考えると、最も自分に合った回線がどれなのか見えてくるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました