水没した携帯やスマホを復活させる方法と修理に出す方法

未分類

携帯やスマホは精密機器ですから、水に濡れると壊れてしまいます。
最近でこそ、防水機能の携帯やスマホが増えてきましたが、それでも完全防水ではないので、できる限り水没はしないように心がけましょう。

また、万が一携帯やスマホを水没させてしまった場合は、慌てずに応急処置をします。
この水没直後の応急処置の方法によって、その携帯やスマホが無事復活できる可能性が変わってくるんですよね。
絶対に復活するとは言えませんが、知らないよりは知ってた方がいいし、やらないよりはやった方がいいです。

ということで、携帯やスマホと水没についてまとめていきます!

iPhoneの水没についてはこちら
↓↓↓

https://hikari-hikakku.net/iphone-submerged/

水没しやすいポイント

携帯やスマホを水没させてしまう場所やタイミングはだいたい決まっています。
意外と日常生活の何気ない瞬間に、水没させてしまうんですよね。
でも、「自分は水没なんてさせない」と思っているからあまり警戒していない方が多いのではないでしょうか。

雨に打たれる女性

急な雨に降られてしまったり、雨の中を傘もささずにいると携帯やスマホが水没してしまうことがあります。
夏場はゲリラ豪雨も多いので、油断していると一瞬で雨にやられますので注意しましょう。
ポケットやバッグに入れていても、雨水が浸透して水没してしまうなんてこともありますからね。

トイレ

トイレ

ポケットに入れていた携帯やスマホがふとしたはずみでトイレにポチャ…なんてこともよくある話です。
流した後や用を足す前ならまだいいですが、そうではなかった場合は水没プラス汚いのでショックは二倍になります。
しかし、そのまま流してしまう訳にはいかないので取るしかありません。
汚れはあとでふき取ったりすればどうにでもなるので、まずは携帯やスマホを水の中から救い出してあげましょう。

プール・海

海

夏場に特に多いのが、プールや海での水没です。
楽しく遊んでいる様子を写真に撮ったりしたいのはわかりますが、手を滑らせたらおしまいですからね。
プールは塩素がたっぷり入っていますし、海は海水なので普通の水の中に水没させるよりもかなり故障の可能性が高まってしまいます。
もし、どうしてもプールや海へ携帯やスマホをもっていきたいのなら、しっかりと防水ケースに入れるようにしましょう。
ジップロックに入れて水場に携帯やスマホを持っていく方がたまにいますが、ジップロックは薄いので破れてしまったり、止め口が二重になっていないので隙間から浸水してしまう可能性があるのでおすすめしません。

飲み物をこぼす

水をこぼしてしまう

携帯やスマホをテーブルの上においていて、近くにある飲み物などをこぼしてしまうことがあります。
携帯やスマホってついついテーブルに置きたくなりますけど、せめて飲み物の近くにはおかないようにしましょう。
また、ごはんの時に携帯やスマホにお味噌汁をこぼすのは最悪です。
お味噌汁にはたっぷり塩分が含まれていますので、端末内部に入り込むと金属部分がすぐに錆びてしまいます。

お風呂

お風呂

最近はどこへでも常にスマホを持ち歩く方って増えてるみたいですね。
さすがにお風呂の中まではと思いますが、でも湯船につかっている間暇だからスマホを持ち込んでLINEしたり、YouTube見たりゲームしたりという使い方をするみたいですね。
でも、もしそういう使い方をするのなら必ず防水ケースに入れてください。
「落とさないから大丈夫」
と言っている人が、だいたい手を滑らせてお風呂の中に水没させるんです。

洗濯機

洗濯機

洋服のポケットに携帯やスマホをいれっぱなしで洗濯機に放り込んでしまって水没するパターンもあります。
このパターンは他の水没に比べて携帯やスマホが復活する可能性がとても低いです。
なぜなら、洗濯洗剤が入っている水の中でグルグル回されてしまうので、携帯やスマホの中にしっかりと水が入り込んでしまうからです。
とりあえず応急処置をしてみて、だめなら修理に出すしかありませんね。

汗をかく女性

汗で水没?
と思うかもしれませんが、実際にあることなんです。
携帯やスマホの水没は、なにも水の中に本体を落とすだけが水没ではありません。
汗や湿気で本体の中身が濡れてしまうとそれも水没と一緒なんです。
ジョギングをする際にポケットに入れたままだったりすると、故障してしまうことがあるので気を付けましょう。

やってはいけない事

携帯やスマホを水没させてしまうと、とにかくパニックになってなんとかしようとあれこれ行動してしまいがちです。
しかし、この行動で携帯やスマホが完全に壊れてしまう可能性があります。
ですから、まずは落ち着いてください。
そして、やってはいけないことをやってしまわないようにしましょう。

電源を入れる

スマホを操作する女性

携帯やスマホの内部に水が入り込んだ時に、電源が入っていると基盤がショートしてしまいますので、絶対に電源を入れないでください。
もし、電源がはいったままの場合はすぐにオフにします。
電源を入れるのは携帯やスマホを完全に乾燥させてからにしましょう。

ドライヤーで乾かす

ドライヤー

水没したを一刻も早く復活させたい気持ちはわかりますが、だからといってドライヤーで乾かすのはNGです。
携帯やスマホは精密機器なので熱には弱いです。
ドライヤーで乾かすと本体が熱をもってしまい、それで故障する可能性もあります。

振る

携帯やスマホの水を切ろうとして、ついつい本体を振る方がいますが、これもNGです。
本体を振ることで携帯やスマホの内部に入った水がどんどん拡散してしまうからです。
水没した携帯やスマホは、できるだけそっと扱うようにしてください。

水没したらまずやる事

さて、ここからは水没させてしまった携帯やスマホの応急処置の方法です。
正しい応急処置をすれば携帯やスマホも人間と一緒で助かる可能性が高まります。
いざという時の為にこの流れ場覚えておいて損はないはずです。

水分のふき取り

まずは本体についた水をふき取ってください。
ふき取りの際は、表面だけではなくヘッドフォン端子や充電端子のところもふき取ります。
布などでは細かい部分はふき取り切れないと思うので、ティッシュでこよりを作ってふき取ると良いでしょう。

バッテリー・SIMカード・SDカードを取る

水分をしっかりとふき取ったら、次にすることはバッテリーとSIMカード、そしてSDカードの取り外しです。
これらを本体から外したら、また水分のふき取りです。
トレイ周辺にも水分があればふき取ってください。
バッテリーやSIMカード、SDカードについている水分もふき取ります。
ただし、この時にSIMカードやSDカードの金属端子部分は直接手で触れずに、ティッシュなどで優しくふき取ってください。
ゴシゴシこすったり直接手で触れると壊れてしまう可能性があります。

乾燥させる

携帯やスマホ水分を拭きとり、SIMカードなどを取り外したらあとは本体を乾燥させます。
しっかりと乾燥させてから電源を入れて起動すればとりあえずは無事です。
ただし、完全に乾燥させるまでには丸一日以上見た方がいいですね。
可能なら3日くらい置いた方が安全かもしれません。

乾燥剤とジップロック

ジップロック

水没した携帯やスマホの乾燥には、乾燥剤とジップロックが活躍します。
乾燥剤は百均などでも売っています。
こんな感じです↓

乾燥剤

この乾燥剤と一緒に携帯やスマホをジップロックの中に入れて密封します。
そのまま1日~3日程度放置すれば、水分を乾燥剤が吸い取ってくれます。
本体をティシュでくるんで入れても良いでしょう。

自然乾燥も可

洗濯物

もし、乾燥剤やジップロックがない場合は、自然乾燥でもいいと思います。
軽くティッシュにくるんで干しておくといいですね。
ただし、乾燥剤を使った方法に比べると完全に乾くまでに時間がかかります。
また、日当たりの良い場所に長時間放置すると、本体が熱で壊れてしまう可能性があるので注意しましょう。

お米と一緒に

お米

ジップロックはあるけど、乾燥剤がないという場合に代用できるものとしてお米があります。
お米と携帯やスマホを一緒にジップロックに入れて密封すると、お米が水分を吸収してくれるんですね。
天日干しに比べたらこちらの方が早く乾燥しそうです。

復活したらバックアップ

めでたく携帯やスマホが復活したら、それでおしまいではありません。
復活したならすぐにバックアップを取りましょう。
万が一その後故障してしまっても大丈夫なようにバックアップを取っておけば、復活が一時的なものだったとしてもデータは復旧できます。

リバイバフォン

ネットでスマホを水没させてしまった時の復活方法をいろいろ調べていたら、「リバイバフォン」というものを見つけました。
リバイバフォンは、水没したスマホを水没から1週間以内であれば復活率90%らしいです。

どういう仕組みかというと、水の中に含まれているミネラルなどがスマホの故障の原因となるので、そういった成分をリバイバフォンで除去させることができるみたいですね。

使い方を見てみると、水没したスマホをリバイバフォンの専用液に浸して乾かすだけらしいです。
せっかく水没から救い出したスマホをまた液体に浸すってなんだかドキドキしますね。
専用液に7分間浸したら、あとは乾燥用トレイに入れて24時間乾燥させるみたいです。
もちろんこれも確実に復活するという訳ではありませんが、万が一の時の為に準備しておいてもいいかもしれませんね。

>>リバイバフォン

修理に出す

工具

もしも携帯やスマホを乾燥させても起動しない、画面が映らないなど復活できなかった場合は修理に出すか、本体を交換するしかありません。
また、仮に復活しても後から故障する可能性もぬぐい切れません。
特に真水ではなく海水など塩分が含まれている水に水没させてしまった場合は、あとから端末内部での腐食が起こりますので、数日後に壊れてしまうこともあります。
そういう場合にはショップへ持ち込んでみてもらって修理に出すか、あるいは本体を買い替えるかを決断する必要があります。
本体交換の場合は、もしかしたらMNPで他のキャリアへ乗り換えた方が、キャンペーンなどの適用で安くなることもあるので、一度確認してから本体交換をした方が良いかもしれません。

水没は補償対象外の場合も

補償プランなどの契約をしていれば、割安価格で修理や本体の交換ができるかもしれません。
しかし、補償プランの内容によっては水没は補償の対象外となることもあります。
詳しくはショップで確認してみてください。

まとめ

以上、携帯やスマホを水没させてしまった場合の復活方法と修理に出す方法のまとめでした。
携帯やスマホを水没させると焦ってしまいがちですが、そんな時だからこそ冷静になって対処することが重要です。
また、本体が復活しても再び故障する可能性もありますので、復活後は必ずバックアップを取ることを忘れないでくださいね。
そもそも水没してしまうことがないように、防水ケースなどを利用することもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました