携帯代の究極の節約方法とは?今すぐ料金を安くする為にできること

節約術

携帯電話やスマホは、現代人にとってなくてはならないアイテムになっています。
今は自宅に固定電話はなくても携帯電話は持っているという時代ですからね。
つまり、携帯代は毎月必ずかかる出費となっています。

こうした毎月の出費は、できるだけ節約した方がいいのですが、携帯代の節約は無理だと思ってあきらめてはいませんか?
実は、携帯代は案外簡単に節約することができるんです。
一度契約してしまうとなかなかプランを見直さないという方も多いと思いますが、一度この記事を読んで携帯代の節約を実行してみてはいかがでしょうか。

通話料金

まず通話料ですが、大手三社は以下のような料金体系になっています。

[table “68” not found /]

各社とも料金はほぼ同じようなもので、特別どこかが高いということはありません。
ただ、今はほとんど通話ってする方少なくありませんか?
仕事などで使う方はいるかもしれませんが、普段のやり取りはLINEで済ませたり、ぶっちゃけ通話もLINEで十分ですしね。
そう考えると、通話料金のプランはなるべく安いプランにした方がいいですよね。
使わないのに高い料金だけ払い続けるのはもったいないですから。
かけ放題っていいますけど、そもそもそんなにかけない方はぜひ。

LINEでだいたいなんとかなる

上記でも言いましたが、今はLINEが使えればたいていの連絡はなんとかなるものです。
しかも、LINEの通話品質はLINEが登場した当初に比べて格段によくなっています。
はじめのころはちょっと聞き取りにくかったりしたものですが、今はそんなこともほとんど感じないくらいになっていますから、普通の通話にこだわる必要はないのではないかと思います。
どうしてもLINEでかけられないところにだけ、普通の通話を利用すればいいかと思います。

データ通信量

おそらく今、携帯代の中でもっとも重要なのはこのデータ通信量だと思います。
何かを調べたり、ゲームをしたり、動画を見たりと何をするにでもデータ通信量は必要となります。
昔は特に制限などありませんでしたが、今は料金プランごとに使用できるデータ量が決まっています。
それを超えてしまうと通信速度制限がかけられて低速化し、さっぱり使い物にならなくなってしまいます。
ですから、あらかじめある程度の容量が使える料金プランを契約したり、足りなくなってから追加で容量を購入することになります。

このデータ通信量をなんとか節約することができれば、毎月の携帯代はかなり節約できるのですが、その方法にはどんなものがあるでしょうか。

Wi-Fiを活用

一番データ通信量を節約できる方法は、Wi-Fiを使うことです。
Wi-Fi通信をしている間は、携帯そのものの通信料を利用していませんから、一切データ通信量を消費しません。
しかも、Wi-Fiの方が通信速度も速いのでサクサク利用できるメリットがあります。
自宅や会社、カフェなどあちこちにあるWi-Fiを利用してデータ通信量を節約することで、携帯の料金プランを安いプランにしてもストレスなく利用することができます。
また、大きな容量を食う通信やダウンロードは、あらかじめWi-Fiを繋いでいるうちに行っておくという手もありますね。

オプション

携帯電話を契約したときに、どんなオプションを付けたか覚えていますか?
契約当時は使うと思って付けた有料オプションも、じつはさっぱり使っていない場合が多いです。
また、キャッシュバックの適用条件として付けていたオプションを外し忘れてそのままにしている方も少なくありません。
本当に必要な有料オプション以外は外してしまった方がいいですね。
オプションの確認はウェブからもできますが、よくわからないという方は携帯ショップへ行って確認してもらって、外しましょう。

本体料金

最近のスマホはiPhoneもandroidもとても高性能なせいか、かなり高額商品となっています。
しかし、2年の分割支払いになっていたりするので、あまりそういう負担を背負っているという感覚がないのでしょう。
しかし、新しい機種が出るたびに機種変更していては、いつまでも本体代金のローンがおわりません。
よほど古くなって使えないとか、壊れてきたのでなければ、少し我慢をして使うことも必要です。
とはいっても、最近のスマホはかなり高性能ですから、ちょっと古くなったからといってそこまで性能に不便さを感じることはないと思います。

MNP

まだまだ携帯は壊れてないし使えるんだけど、どうしても最新機種に変えたい!という場合には、MNPの利用をお勧めします。
MNPなら、乗り換えの際にかかる料金を負担してもらえたり、キャッシュバックキャンペーンを行っているので普通に機種変更するよりもお得に変えることができます。

下取り

機種変更をする際には、ぜひ古い機種を下取りに出しましょう。
例えばソフトバンクなら、乗り換えの際に対象機種を下取りに出すだけで機種代金が実質0円になったりします。
古い機種は持っていても仕方ありませから、下取りに出して最新機種を0円で手に入れた方がいいですよね。

光コラボとセットで割引

MNPでキャリアを変更するのなら、ぜひ光コラボの利用も検討してみてください。
もし、自宅でインターネット回線を利用しているのなら、利用している携帯会社から提供されている光コラボサービスに切り替えるだけで、毎月の利用料金がぐんと節約できます。

ソフトバンク光

携帯をソフトバンクにしているのなら、ソフトバンク光にすると毎月の携帯料金が1台につき最大2,000円割引になります。
家族でソフトバンクを使っている方がいれば最大10台まで適用可能です。
これが2年間続き、さらに3年目からは毎月最大1,008円の割引が継続するので、ずっと安く使うことができます。

https://hikari-hikakku.net/softbank-reputation/

auひかり

auはスマホとネットをセットで利用することでauスマートバリューの料金が適用できます。
auスマートバリューにすると、最大で2年間2,000円の割引が入るほか、3年目以降は934円の割引が継続します。
ソフトバンクと同様に家族のauユーザーも含めて10台まで適用可能です。

https://hikari-hikakku.net/au-hikari-hyouban/

ドコモ光

ドコモはネットとスマホを契約すると、毎月の料金から割引されますが、データ通信量を家族とシェアするシェアパックにすることで、その割引額がぐんと伸びます。
もしドコモでそろえるのならぜひシェアパックにしたいところです。

https://hikari-hikakku.net/docomo-sharepack/

まとめ

以上、携帯代の節約術についてご紹介しました。
まとめると

・通話はLINEを使って節約
・データ通信はWi-Fiを活用して節約
・機種変更はMNPでお得に
・自宅にネット回線があるなら光コラボにする

となります。
毎月必ずかかる料金ですから、上手に節約していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました