au HOMEは何ができるの?スマホでなんでもできるIoTとは

未分類

auhome

毎年夏と冬にはスマホの最新モデルのリリースがあり、それに伴った大きなプロモーションが展開されます。
最新モデルの発表会は、テレビやネットのニュースでもたびたび取り上げられますので、目にする機会も多いと思います。

そして、今年は同時にauからの新サービスとして「au HOME」についての発表もありました。
このau HOME、ざっくり言ってしまうと、家の中のことをなんでもスマホでコントロールしてしまおうというものです。
例えば戸締りをチェックしたり、電気のオンやオフなどをスマホで行えるようにするといったサービスです。
このようなネットを使っていろいろなものに接続することを「IoT」と言います。

この暮らしを便利にしてくれるau HOMEについて、そしてIoTとはなんなのかについて調べてみましたのでご覧ください。

IoTとは

IoT

au HOMEのような仕組みのことを「IoT」といいますが、そもそもIoTとはなんなのでしょうか。
IoTは「Internet of Things」を省略したもので、日本語にすいると「モノのインターネット」となります。
これまで、インターネットといえばパソコンやスマホ、タブレットを繋いでいろんなものを調べたり、見たりという使い方でした。

しかし、IoTはパソコンやスマホだけではなく、それ以外の機械やあらゆるものをインターネットに接続させて情報を得たり、管理したり、コントロールしたりします。

例えば自宅のカギ。
出かけた後にカギを閉めたかどうか不安、という場合にスマホで確認ができたりします。
また、自宅を留守にしているのにドアが開いたことをスマホに通知してくれたり、自宅へ子供が帰宅したことを知らせてくれたりと、いろいろな使い方ができます。

au HOMEとは

先日auから発表されたau HOMEは、IoTゲートウェイというものを自宅に設置すると、スマホアプリを利用して自宅の戸締りであったり、電気や室温などいろいろな自宅の管理ができます。
その他、ネットワークカメラで自宅内を確認することもできるので、ペットを飼っている方や、お子さんの帰宅を確認したい方が利用できます。

似たようなサービスは現在警備会社などで提供されていますが、au HOMEの場合は各センサーを購入して設置し、auひかりのモデムに接続するだkで使用できる手軽さがあります。
au HOMEの月額使用料は490円と安い為、比較的手軽に導入できる点も魅力ですね。

auでんきとの連動も

au HOMEは今後、auでんきとの連動も見込んでいるようです。
au HOMEとauでんきが連動することができれば、家電を操作したり電力管理などもできるようになるでしょう。

さらにGoogle Assistantへの対応も予定されているので、将来スマホに話しかけるだけでいろんなものがコントロールできるようになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました