auひかりで選べるプロバイダーを比較!おすすめはどこ?

未分類

auひかりは、利用可能エリアが広く回線の速度や安定性も評判が良い人気の光回線です。
光コラボレーションなので、auのスマホと一緒に利用することで「auスマートバリュー」が利用でき、毎月のスマホ料金に割引が適用できるのも魅力です。

また、プロバイダーは7つから選択が可能となっていますが、auひかりはプロバイダー一体型なので料金が別途発生することもなく、契約が一本化されているので無駄な手間もかからずわかりやすいことから、インターネットに疎い方でも迷うことがありません。

しかし、プロバイダーが7つもあると結局どれにすればいいのか悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。
そこで、auひかりで選べるプロバイダーそれぞれの違いや選ぶポイント、おすすめなどをまとめてみました。
これからauひかりの契約を考えている方は、ぜひプロバイダー選びの参考にしてみてください。

プロバイダー選びの基準

プロバイダーは何を基準に選べばよいかですが、プロバイダーごとに細かなサービス内容が異なりますので、利用したいサービス内容に注目してみるのも良いでしょう。
また、インターネット回線の速度はプロバイダーによっても左右されることがあります。
インターネット回線そのものが最大1Gbpsであっても、プロバイダーの処理能力が乏しいとそこで速度が落ちてしまったり、回線が安定しないといった現象が起こる可能性があるんですね。

しかし、auひかりの場合は7つに厳選されたプロバイダーなので、そういった心配は不要だと思います。
もし、この7つのプロバイダーの中にそういったサービスの質が悪いものが含まれていたら、そのプロバイダーはもちろんですがそういったプロバイダーを利用できるようにしているauひかりの評判にも影響しますからね。

料金

auひかりはプロバイダー一体型です。
回線料金にプロバイダー料金も含まれているため、どのプロバイダーを選んでも料金が変わることはありません。
フレッツ光なら回線料金+プロバイダー料金となるので割高になりますが、auひかりはそういった心配がありません。

サービス内容

プロバイダーによって異なるサービス内容は主に以下となります。

・作成できるメールアドレスの数
・メールボックスの容量
・ホームページの容量
・セキュリティサービス
・リモートサポートサービス
・出張サポートサービス

もしプロバイダーのメールアドレスを利用する方は、ここがある意味基準となりますね。
メールアドレスが1つしか持てないところと、複数持てるところがあります。
また、2つめ以降は有料となるところもありますね。

ホームページの容量についても、無料でできるところと有料でできるところ、有料で容量を増やせるところなどがあります。
お店のホームページとメールアドレスをプロバイダーのサービスでと考えている場合にはこちらが重要になります。

ちなみに、ホームページの容量ってそもそもどれくらいなのかっていう目安がよくわかりませんよね?
調べてみたところ、1ページ当たりで考えると1~3MBというのが一般的らしいです。
なので10ページあれば10~30MBくらいにはなるという計算ですね。
ただし、これはあくまで目安なので、当然そのホームページの情報量によって変わってきます。
ホームページの中で特に容量を食うのは「画像」です。
最近のホームページって見た目が派手で画像をたくさん使っているところが多いですよね。
そんな風にガンガン画像を使ったホームページなら、1ページあたりの容量はもっと増えるかもしれません。

個人的には、メールアドレスもホームページもどちらも無料のサービスを利用すれば問題ないかなとは思います。
メールアドレスに関してはGmailが優秀すぎますからね。
しかも、Gmailはアカウントを削除しない限りずっと使い続けられますが、プロバイダーのメールアドレスは、解約してしまうともう使えなくなるというデメリットがあります。
ホームページについても同様で、Wixやjimdoなどといった無料で簡単にホームページを作成できるサービスがあります。
デザインなども豊富ですし、初心者でも使いやすいように簡単にできているので、これらのサービスを利用した方が良い気がしますね。

キャンペーン

プロバイダーによってキャンペーンがあります。
例えば月額利用料金が数か月格安になったり、キャッシュバックがもらえるところもあります。
特にプロバイダーにこだわりがないなら、こうした特典のある所を選ぶのもいいですね。

auひかりプロバイダー一覧

プロバイダー一覧

ではここからは、auひかりで選ぶことができる7つのプロバイダーについてみていきたいと思います。
各auひかりのスペックやサービス内容を見れば、どのプロバイダーがいいか判断できますね。

@nifty

[table “188” not found /]

@niftyのサービスは、富士通グループのニフティ株式会社が運営しています。
これといって目を引く点はないのですが、@niftyといえばプロバイダーとして老舗なので、安心感がありますね。

@TCOM

[table “189” not found /]

@TCOMはメールボックスの容量が無制限で利用できます。
とは言ってもあまり必要とする方は少ないと思いますが…
また、ホームページの容量が20MBとなっていて、他のプロバイダーに比べて少ないですね。
こういう場合は、Wixなどの無料ホームページサービスを利用した方がいいと思います。

ASAHIネット

[table “190” not found /]

ASAHIネットも@TCOMと同様にメールボックスが無制限になっています。
あとは、メールアドレスが6つまで利用できます。
ただし、2つ目以降は初期費用が200円かかります。
リモートサポートサービスはないんですよね。

au one net

[table “191” not found /]

au one netはauのプロバイダーです。
プロバイダーに全くこだわりがない方や、そういうのよくわからないっていう方はau one netにするのが無難ですね。
そうすれば、わからないことやトラブルがあっても全部auに聞けますから。
あと、メールアドレスが5つ、メールボックスが5GBまでと他のプロバイダーに比べて容量大きいっていうのもポイントかもしれません。

BIGLOBE

[table “192” not found /]

BIGLOBEはもともとNECグループの企業でしたが、現在はKDDIのグループ企業になっています。
メールアドレスは5つまで、メールボックスが5GBとなっていてau one netと同じです。
出張サポートが、初回訪問月の翌月末まで何回でも無料っていうのは、ネットに詳しくない方にとっては良いかもしれませんね。
あとはキャッシュバック50,000円もかなり魅力的です。

DTI

[table “193” not found /]

DTIはセキュリティサービスの提供はありませんが、SiLK Touchが無料で利用できます。
SiLK Touchとは、パソコンの設定でわからないことがあった場合、サポートセンターのオペレーターが遠隔操作でサポートをしてくれるサービスです。

So-net

[table “194” not found /]

So-netは訪問サポートが無料で利用できます。
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の子会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しています。
大手プロバイダーの安心感はもちろんですが、45,000円のキャッシュバックも気になりますね。

キャッシュバックで選ぶなら

現金

やっぱり高額キャッシュバックは魅力的ですよね。
そこで、auひかりで選べるプロバイダーの中でキャッシュバックがあるところをピックアップしてみました。

[table “195” not found /]

BIGLOBEの50,000円キャッシュバックは大きいですね。
ASAHIネットはキャッシュバックではありませんが、月額料金の割引と固定電話料金30か月無料がありますので、通常料金との差額は81,700円になります。

まとめ

auひかりのプロバイダーは、プロバイダーのサービス(メールアドレスやホームページ)を利用する方は、それぞれのスペックで判断する必要があります。
しかし、同様のサービスは無料で利用できるものがありますので、そちらを使えば特にプロバイダーにこだわる必要はないと思います。
そうなると、あとはキャッシュバックですね。
一番キャッシュバック金額が高いのはBIGLOBEの50,000円です。
キャッシュバックではありませんが月額料金の割引で結果的に最も得をするのはASAHIネットで、通常利用時に比べて81,700円が浮く計算になります。
また、キャッシュバックなどはありませんがau one netなら、ネット回線もプロバイダーもどちらもauになるので、問い合わせなどすべてauに一本化できてすっきりしますね。

↓auひかりについてはこちらの記事も併せてご覧ください↓

https://hikari-hikakku.net/auhikari-howtoapply/

>>auひかりの電話申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました