auひかりがフレッツ光や他の光コラボと比較して優秀と言える4つの理由とは

未分類

手のひら
一昔前は、インターネット回線といえばフレッツ光でした。もちろん今もフレッツ光はたくさん利用されていますし、加入者数で言えばダントツでナンバーワンです。
しかし、だからといってみなさんがフレッツ光にするべきかというとそうでもないんですよね。

今はいろいろな事業者がインターネット回線サービスを提供し始めています。
中でも注目すべきは光コラボレーションサービスとして提供され始めた携帯電話会社のサービスです。

光コラボレーションサービスはたくさんありますが、おそらく多くの方にとってメリットが大きいのが携帯電話会社が提供しているサービスであると言っても過言ではないでしょう。
なぜなら、今はほとんどの方が自分用のスマートフォンを一台持っているからです。

スマホを持っていれば、新たに光コラボレーションサービスを利用することで様々な特典や割引を受けられるというメリットがあります。
ドコモ、ソフトバンク、auと携帯電話会社大手三社がありますが、中でも特にauひかりはいろいろな面でおすすめできるサービスとなっています。

同じ光コラボレーションサービスでも事業者によって違うサービス内容や品質について、今回はauひかりのサービスをクローズアップしてみたいと思います。
現在auのスマホを利用されている方も、ドコモやソフトバンクのスマホを利用されている方も、今後のために参考としてご覧ください。

なんと言っても料金が安い

とりあえず一番に比較すべきは料金のところでしょう。
インターネット回線を利用すると毎月決まった金額が出ていきますから、なるべくこの金額は抑えられたほうがいいですよね。
フレッツ光は、まず東日本と西日本で違いがあります。同じフレッツ光なのにって思いますよね。
でも、実際に利用すると金額が違ってきてしまうんです。選ぶプランやプロバイダーによっても違いがありますので、そこは実際にフレッツ光に問い合わせてみたほうがよいでしょう。

フレッツ光との料金を比較してみる

[table “7” not found /]

こちらの表を見てみると、フレッツ光もauひかりもどちらも5,600円で金額に違いはありませんよね。
しかし、auひかりの方は、スマートバリューが適用となるのでスマホ料金からの割引があります。
詳しい割引金額は次にご紹介しますが、これがとても大きなメリットなんですね。

auスマートバリューで超お得

auスマートバリューは、auひかりと一緒にスマホやタブレット、携帯電話などを利用することで適用される割引プランです。
auスマートバリューがすごいのは、その割引金額です。なんと、最大2年間適用される割引で、金額は毎月最大2,000円引きになるんです。
さらに、この割引プランはご自身だけではなく家族全員にも適用されるので、家族でauのスマホを利用していて、auスマートバリューに加入するととっても大きな割引になります。
次にご紹介する実際に割引金額をみれば、auひかりが以下にフレッツ光よりもお得かということがわかると思います。

スマートバリューの料金割引表

[table “8” not found /]
[table “9” not found /]
[table “10” not found /]

上記の最大割引料金は、最大2年間を経過したのちも毎月934円の割引が続くので、ずっとお得に利用し続けることができます。
これだけを見てもかなりお得だということがわかりますよね。
最大2年間2,000円割引されたとすると、それだけでもう48,000円得したことになります。
さらに、家族への割引もありますので、そちらも見てみましょう。

[table “11” not found /]

このように、家族が1人増えればそれだけ割引金額が大きくなっていきます。
ちなみに、一緒に暮らしていないご家族の方でも、50歳以上の方であれば割引対象となるので、みんなでauにするとかなりの金額になりますね。

フレッツ光の場合、割引プランはあってもスマホがありませんから、auほど大幅に毎月の通信費用を抑えることはできません。
ですから、最大限に割引を適用させてお得に利用するのなら、家族全員がauのスマホでそろえて、なおかつ自宅のインターネットをauひかりにするのが一番ですね。

料金がシンプルで分かりやすい

理解した人

フレッツ光とauひかりを比較するときに、料金の支払いなどがシンプルで分かりやすいのがauひかりです。
フレッツ光を利用していると、まずネット回線料金がNTTから請求されますよね。
さらに、プロバイダーは別契約なので請求も別に来ることになります。
つまり、インターネットを利用するにあたり2つの契約と2つの請求先への料金支払いが発生するのです。
なにかトラブルが起きた場合や、解約する際の連絡も2か所に連絡しなくてはならないというとても面倒な状態になります。
しかし、auひかりならすべての窓口がauなので、支払いをするにしても問い合わせをするにしてもとても簡単です。
ちなみに、auひかりはプロバイダー料金込みの料金設定になっていますので、安い上にシンプルです。

とここまではauひかりのメリットについて説明してきましたが、人によってはauひかりにデメリットを感じる方もいます。
つまり、フレッツ光と比較すると劣る部分があるというのも事実です。
メリットだけを見て契約してしまうと、あとから後悔することになりますので、メリットもデメリットも両方きちんと把握したうえで契約をすることをお勧めします。
では、auひかりがフレッツ光に劣る部分を解説していきたいと思います。

プロバイダは少ない

auひかりは、料金のところでもご説明しましたが、プロバイダー料金込みになっています。ただし、選択できるプロバイダーがフレッツ光と比べると少ないんです。
auひかりで選ぶことができるプロバイダーは以下となります。

  • @nifty
  • @T COM(アットティーコム)
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

各プロバイダーごとの違いは、利用できるメールアドレス数やメールボックスの容量、リモートサポートが利用できるかどうかなどです。
ここにあるプロバイダー以外を選ぶことができないデメリットとして考えられるのは、主にプロバイダーごとに利用できるメールアドレスだと思います。
例えば@niftyで利用できるメールアドレスは

●●●●@nifty.com

といった形になりますので、どうしても「@nifty.com」のメールアドレスがほしいという方は、プロバイダーも@niftyにしなくてはなりません。
しかし、最近はあまりプロバイダーのメールにこだわる方もいませんし、gmailなどのフリーメールがとても優秀なため、メールアドレスにこだわる必要はあまり考えられません。

提供エリアはフレッツ光に負ける

エリア
フレッツ光は、NTTが提供しているインターネットサービスなので、日本全国をカバーしています。
そのカバー率はおよそ95%以上といわれていますので、フレッツ光が利用できないエリアは、日本国内にはほぼないといっても過言ではないでしょう。
それに対しauひかりは、光コラボレーションとしてサービス開始して間もないこともあり、カバー率は70%程度となっています。
ですから、もしかしたらauひかりを利用したいと思って申し込んだのに提供エリア外だったため、利用できないということもあるかもしれません。これは残念ながらどうしようもないことですね。
しかし、auひかりのサービス提供エリアは順次拡大していますので、いずれは日本全国どこでも利用できるようになることが期待できますね。

安定した高速通信

高速通信
今はインターネット回線の速度も、早いのが当たり前になりました。
スマホやタブレット、パソコンで容量の大きなホームページを閲覧したり、SNSの利用やYouTubeなどの動画閲覧サービスを利用される方も増えています。
ですから、低速なインターネット回線ではとてもストレスを感じてしまいます。
その点auひかりは上りも下りも最大1Gbpsなのでストレスフリーでインターネットを楽しむことが可能です。
ただ、この最大1Gbpsはベストエフォートと言って、常に出る速度ではありません。
また、フレッツ光や他の光コラボレーション業者でも同様の仕様となっていますので、auひかりだけが特別速いということはないので、そこは誤解しないでください。
そもそもauひかりが利用している光回線ケーブルは、フレッツ光で利用しているものを使っているから同じものなんですね。

でも、ネットでauひかりの口コミなどを調べてみると、「速くなった」や「フレッツ光よりも遅くなった」といった様々な口コミを目にすると思います。
こうしたネットの口コミを見始めると、悪い口コミばかりに目が行ってしまって、auひかりを申し込むかどうか悩んでしまう方もいると思いますが、これはドコモ光でもソフトバンク光でも同じです。ですから、あまりネットの口コミに左右されすぎないことをお勧めします。
あくまで参考程度に受け止めておくとよいかと思います。
ちなみに、フレッツ光より速くなったという方の場合、考えられる原因はひとつあります。
それは、フレッツ光に比べてauひかりの方がユーザー数が少ないため、回線の混雑がないからです。
フレッツ光は全国でユーザーが非常に多いため、ゴールデンタイムなどはどうしても利用者が殺到してしまい、回線が混雑することがあります。
auひかりもゴールデンタイムは同じですが、ユーザー数がフレッツ光に比べて少ないので、そこまで回線が混雑することがないんですね。

では、auひかりに変えて遅くなったという方はどんな原因が考えられるでしょうか。
これも、速くなった場合の理由と近いものがあるのですが、これは同エリア内にauひかりの利用者が密集している場合が考えられます。同じエリア内にユーザーが固まっていて、同じ時間帯に一気に利用されてしまうと、回線が混雑することが予想されます。
ただ、これらはあくまで推測でしかありません。最終的には実際に利用してみないとわからないのですが、フレッツ光からauひかりに変えたことが理由で大幅に速度が落ちるということは理論的には考えにくいというのが、結論です。

気を付けられることといえば、格安プロバイダーを選んでしまってプロバイダー起因で速度が遅くなってしまうことを避けるとか、Wi-Fiを利用するならなるべく性能の良いルーターを利用するというくらいでしょう。

また、自宅のネット回線は速度制限が一切ないと勘違いされている方もいるようですが、auひかりには条件付きで速度制限があります。
どういうことかというと、「1日あたり30GB以上のデータを継続的にインターネットに送信」すると、3週間程度の間3Mbpsに制限されてしまうことがあるようです。
ただ、これはあまり気にしなくてもよいでしょう。普通にインターネットを利用していて、30GBもの大容量のファイルをアップロードするということは通常考えられません。

高額キャッシュバックが魅力的

キャッシュバック

やはりキャッシュバックキャンペーンは魅力的ですよね。フレッツ光でも以前はかなり大々的にキャッシュバックを行っていましたが、最近はほぼ見かけることがなくなりました。
一方auですが、auショップではあまりキャッシュバックキャンペーンは見かけませんが、ネットなど一部の代理店ではまだまだそうしたキャンペーンを行っているところもあります。
キャンペーンはタイミングによりその内容も異なりますので、もし乗り換えや新規申し込みを考えているのなら、試しに問い合わせだけしてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

以上が、フレッツ光やほかの光コラボと比べてauひかりが優秀と言える4つの理由でした。
もし、auのスマホを利用されているのであれば、ぜひauひかりの利用をおすすめします。
また、ご家族にauのユーザーがいれば、なおさらおすすめですね。
ご家族の人数が多いなら、乗り換えをしてauにそろえてしまうというのもよいかもしれません。

>>auひかりの電話申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました