auスマホユーザー必見!毎月のスマホ料金を安くする方法

節約術

毎月auスマホの料金を支払っていて、高いなと思っている方は多いと思います。
以前はそもそもスマホや携帯電話なんてなかったので、こんな出費がそもそもなかったのに、今はスマホを持っているのが当たり前になってしまっています。
ですから、今更auスマホを手放すなんていうこともできないですしね。

しかし、auスマホを利用している方でも、もう少し上手に節約すれば毎月の出費が抑えられるのに…という方もいらっしゃいます。
そこで、今回はauスマホユーザーと、これからauスマホを利用したいと考えている方の為に、auスマホ料金の節約方法や、上手な使い方をまとめていきたいと思います。

auスマホ端末を安く手に入れるには

スマホ

スマホ端末って本当に高いですよね。
今auのホームページで最新機種の端末代金を確認してみたら、80,000円~90,000円とか平気でありました。
こんな金額支払ったらパソコンとか買えちゃいますよね。

でも、スマホってある意味持ち歩けるパソコンのようなものですから、仕方ないのかなとも思います。
でも、スマホ端末もやり方次第では定価よりも安く手に入れることは可能です。

機種変更

機種変更は、おそらくもっとも安くならないパターンです。
auからすれば、すでにauのサービスを利用しているユーザーがただ端末を新しくしたいだけなので、まあ端末代金としての売り上げはあるかもしれませんが、それ以上のメリットがありませんからね。

新規契約

新規契約は、auにとって新規顧客獲得のメリットがありますので、機種変更に比べて端末代金は安くなる傾向があります。
おそらく、auショップでも機種の価格を見ると機種変更と新規契約で端末代金に差があるはずです。

ただし、現在auを利用している方が一度解約して新規契約という方法は微妙です。
確かに新規契約にすれば端末代金は安くなるかもしれませんが、解約をする際に契約内容によっては違約金が発生してしまいます。l
その点だけ注意しましょう。

MNP

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)は、機種変更よりも新規契約よりも安く端末を手にいられる方法です。
なぜかといえば、MNPの仕組みを考えれば簡単にわかります。
MNPは、他社から番号を変えずにキャリアを乗り換える為の方法です。
例えば、今までドコモを利用していた方がMNPでauに乗り換える、といった感じですね。

これは、ドコモからすれば自分のところの顧客をauにとられた感じです。
一方、auからするとライバル社の顧客を奪い取った感覚に近いですね。
つまり、MNPはライバル社の顧客を減らしてなおかつ自社の顧客が増えるということで、auとしてはもっともおいしい状況なのです。

ですから、MNPをしやすいようにキャンペーンを行ったり、端末価格を安くするなどしてそれぞれのキャリアは顧客獲得争いをしているんですね。
まあ私たち利用者にとっては、そういった争いで価格が安くなってくれる分にはうれしいですけどね。

中古端末

最近はいろいろなところでスマホの中古端末を購入することができます。
ゲオやドスパラのような店頭でも販売されていますし、ネットには中古スマホをたくさん取り扱っているお店があります。

中古スマホのメリットは、やはり価格が定価よりも安くなっていることです。
電化製品のリサイクルショップがあるように、スマホもリサイクルの時代ということですね。
中古スマホの中には、使用感があってかなり安くなっているものもあれば、一度も使用されていない新品同様の端末もあります。
こうした中古スマホを安く購入できれば、新品の端末を分割購入して毎月の支払に上乗せされるといった負担も減りますね。

ただ、中古スマホには当然デメリットもあります。
たとえばよくあるのがバッテリーの持ちが悪い、という症状です。
元の持ち主の使い方によってバッテリーの持ちは変わりますが、残念ながらそれは見た目では判断できないので、使用してみて初めて分かる症状です。
最近の機種はバッテリーの取り外しや交換を自分で行えない端末が多いので、購入後にバッテリー交換を依頼しなくてはならなくなるという事もあります。

補償についても、よくて購入店舗での3か月程度の補償になることが多いので、長く使いたいとおもった場合には、中古スマホは難しいところかもしれません。

あとは、購入する店舗にも気を付けましょう。
大手や信頼できる店舗であれば、端末の買い取りの際にしっかりチェックしているので大丈夫ですが、中には中古スマホを購入したら機能に制限がかかったままだった、なんてこともあるようです。

下取りの利用

auでは、スマホやケータイ、タブレットの下取りプログラムがあります。
最新機種への機種変更の場合などは、古い端末を下取りにだすことで、その分安くなりますね。
下取り価格は端末によりますが、3,000円~10,000円程度での下取りが可能なようです。
また、iPhoneだと30,000円を超える下取り価格がつく機種もあります。
下取りをする可能性を考えて、今使っている端末は傷などがつかないように丁寧に扱っておきましょう。

月額料金を抑える

貯金箱

スマホ料金は毎月かかるものなので、ちょっとした差が年間で計算すると結構大きな金額になってきますよね。
ですから、使用状況に応じてプランを見直したり、節約を心掛けた使い方をすることをおすすめします。

通話料金

auの通話料金プランは3つあります。

[table “158” not found /]

仕事で電話を使う方は別かもしれませんが、今ってあまり通話機能って使わないですよね。
使うとしても、LINE通話で十分だと思いますし。
ですから、カケホではなくていいでしょう。
ただし、一番安いLTEプランだと、データ定額ではなくLTEフラットしか選択できなくて、定額料金が5,700円なのでちょっと高くなってしまいます。
ですから、スーパーカケホにしてデータ定額の安いプランと組み合わせるのがおすすめです。

データ定額

auのデータ定額プランは以下になります。

[table “159” not found /]

LTEフラットは通話プランがLTEプランにのみ適用可能ですが、そもそも高いです。
データ定額ですが、こちらは毎月の使用量に応じて選ぶ必要があります。
安いからといって1GBプランを選ぶと、速度制限がかかってスマホが全然ン利用できなくなってしまいます。
それでは意味がないですよね。
ですから、ちょうど良いプランを選択する為に、auショップで直近数か月間のデータ使用量をみてもらって、プランを選択すると良いでしょう。

ただしその前に、データ容量は節約を心掛けることで抑えられます。
節約方法としては、できるだけWiFiを使うということです。
WiFi接続している間は、スマホの通信量を使用しませんので、節約につながります。

職場や自宅にWiFiがあれば、常に接続しておくようにしたり、出かけた先でフリーWiFiがあるところがあれば、利用するのも手ですね。
特にアプリのダウンロードや動画再生など容量の大きな通信をする時は、WiFi接続必須です。

オプション

意外と見落としがちなのが、オプション料金のところです。
特に機種変更や新規加入のタイミングでつけたオプション、使ってますか?
不要なのに外すのをわすれていてそのままだったり、以前登録していた有料サービスをそのままにしてあったりすると、使っていないものにお金を毎月支払っていることになります。
これは無駄以外のなにものでもないので、一刻も早く確認しましょう。

割引の適用

SALE

auには、いろいろな割引サービスがありますので、これらを適用しないのはもったいないです。
可能な限り割引は適用するようにしましょう。

家族割

auの家族割は、家族でauの携帯電話を利用していれば、家族間での国内発信SMS(Cメール)が無料になります。
さらに、「誰でも割」を併用することで家族間の国内通話が24時間無料になります。

■家族割
[table “160” not found /]

■誰でも割+家族割
[table “161” not found /]

こういう割引もあるので、家族内で別々のキャリアを利用しているという場合には、auにまとめてしまった方がお得ですね。

auスマートバリュー

auスマートバリューは、auスマホ+ネットや電話やWiFiルーターなどをセットで利用することで、スマホ料金が割引されるサービスです。

auスマートバリューで割引される金額は、最大2年間最大2,000円で、3年目以降は毎月934円の割引が継続されます。
しかも、同じ割引が家族のauユーザーにも適用可能なので、家族でauを使っている場合にはとってもとってもお得になるんですね。

[table “8” not found /]
[table “9” not found /]
[table “10” not found /]

もしも、自宅でフレッツ光などインターネット回線を利用している場合は、auひかりにすれば割引が適用できるのでおすすめです。

https://hikari-hikakku.net/au-hikari/

>>auひかりの電話申し込みはこちら

auでんきセット割

auでんきセット割は、auスマホとauでんきをセットで加入すると適用されます。
適用内容は、毎月の電気料金の最大5%相当分をau WALLETプリペイドカードにチャージでキャッシュバックしてくれるというものです。

[table “162” not found /]

電気料金なんで、必ず毎月支払うものなので、もしも自宅の電気をauでんきにできるのなら、変えれば貯まったポイントを別のことに使うことができるのでお得ですね。

au WALLET

au WALLETは、チャージして使うタイプのプリペイドカードです。
使える場所はコンビニや飲食店、インターネットなどで利用できます。
買い物をするたびにポイントがたまるので、貯まったポイントでまた買い物ができます。
クレジット機能付きのカードもあります。

まとめ

以上、auスマホや料金に関するまとめでした。

端末本体を安く手に入れるには新規契約は向かないので、MNPにするか、信頼できる中古ショップで手に入れるのがいいですね。
ただ、中古スマホは当たりはずれもあるので、ショップ選びも重要です。
また、下取りの利用も有効ですね。
使わないスマホをそのままにしておくくらいなら、下取りしてもらった方がお得です。

毎月の料金はプランを見直して、適切なプランと必要なオプションのみにしましょう。
LINEやWiFiを使って節約することも大切ですね。
auスマホに適用できる割引もしっかり使って、毎月の通信費を抑えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました